ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

WS『Fate/Zero 理想の王セイバー』

 わたしは初心者ヴァイスシュヴァルツユーザーです。
 なのでデッキ構築などはまだまだ勉強中ですし、用語などもあまり覚えていません(汗)。
 いわゆるにわかというところです。とはいえ、やってみなくちゃ育たない。
 なので、まずはわたしが使っているデッキのレシピでも書いておこうかと思います。

 というわけで、今回は『Fate/staynight Heavens Feel』公開記念『Fate/Zero』デッキです。

 Fate/は、もともと色縛りをせずに、Fate/のカテゴリで組むものだと思うのですが。
 Zero単体で、しかも黄色縛りで作るのは完全に趣味の範囲。何も考えずに入れたいカードを入れました。
 黄色は切嗣、セイバー陣営になるので、ソウルを上昇させるカードが多い印象です。
 あとは色の特徴として自ターン中のサイズアップ効果ですね。
 わたしもサイズ上昇系のカードを増やして、耐久やサーチなどで戦うスタイルにしました。
 ただストックをそこそこ消費するのと、手札に依存する面もあるので、何も考えずに使っているとうまく機能しません(汗)。

 以下レシピ。

続きを読む

2017-11-13 : ゲーム関連 :
Pagetop

特殊報道部 第2話人体発火 その2

 前回は何度か失敗しつつも、無事S評価をもらってクリアしました。
 一応ヒロイン? 的なキャラクターもトクホウに加わって、物語は第2話へ。
 前回のシナリオは結構面白かったですし、あんまり難しすぎるってこともなかったので。
 今後も失敗を前提にセーブ&ロードを駆使して頑張ろうかな。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-11-10 : ゲーム関連 :
Pagetop

特殊報道部 第1話アブダクション その1

 日本一ソフトウェア制作のAVG「特殊報道部」を、やっていきたいと思います。
 日本の民放の部署のひとつ「特殊報道部」が制作する超常現象検証番組「トクホウ」の完成を狙う内容となっています。
 今までもテレビなどで超常現象などは騒がれたりもしていますが、正直眉唾なテレビの内容より、ゲームだからこそ面白がってプレイすることができますね。
 また、今回AVGということで1話につき1記事。長さ次第ですがおそらく自分の感想はないと思います。なので、感想はエンディング後か総評で最後にまとめて書きたいと思います。
 では、プレイスタート。

著者 :
日本一ソフトウェア
発売日 : 2012-08-23


以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-11-03 : ゲーム関連 :
Pagetop

四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE ちょこっと感想 完結

 表クリアをしましたので、記録記事として完結あらすじを上げます。
 もう四女神オンラインも発売されてだいぶたちましたが、どうぞ。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-10-06 : ゲーム関連 :
Pagetop

Fate/EXTELLA 総評

 予約購入してまで楽しみにしていたFate/シリーズ番外編『Fate/EXTELLA』の感想記事になります。
 発売日は2016年11月10日。ジャンルはハイスピードサーヴァントアクション。
 開発が『マーベラス』ということで、アクション無双系になるのではないでしょうか。シナリオは『奈須きのこ』にサポートとして『桜井光』がついています。キャラクター原案は『武内祟』ですが、Fate/EXTELLAは月の聖杯戦争を描いた『EXTRA』シリーズでもデザインを手がけた『ワダアルコ』が担当しています。もちろん、TYPE-MOON監修です。
 事前知識としては、Fate/EXTRAと、Fate/EXTRA CCCはもちろんですが、登場するキャラクター的には、Fate/本編シリーズもやっておいたほうがいいかもしれませんね。わたしはそこそこやっているので登場サーヴァントは今のところ知っているキャラクターです。

 さて、どんな物語りが繰り広げられるのか。楽しみです。

続きを読む

2017-09-29 : ゲーム関連 :
Pagetop

ダブルキャスト 総評 その10

 久しぶりのプレイとなるダブルキャストでしたが、無事にグッドエンド(1)=真・エンドを迎えることができました。
 実はこのゲーム、グッドエンドでも容赦なく心をえぐってくることが多いので、注意が必要だったりします。
 クリアして、あぁ、バッドかノーマルあたりかぁ、と思っていたらグッド扱いだったり(笑)。

 さて、PS時代にこれだけの名作ADVを生み出したソニーはさすが、とソニー信者である私は言いますね。
 アニメ制作がP.IGで音楽が梶浦さんの時点で名作生み出さないと逆にアレですけれど。このコンボで外したらいけない(笑)。と、肝心のゲーム内容については、下記簡易感想を参照してもらうとして、追記から私個人の詳しい感想を書いていきたいと思います。
 というか容赦なくネタバレしてきたけれどいまさらですね。PSP版は絵もっと綺麗になっているのかな。

著者 :
ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日 : 1998-06-25
 恋愛とミステリーサスペンスが組み合わさった死にゲー。物語の舞台は映画研究部で起こる事件。
 「やるドラ」シリーズは、全編フルアニメーションのADV。選択肢を選ぶと絵が動き、エンディングへ向けて進んでゆく。

 普遍的なADVシステムなのだが、ほんの少し選択肢を選びたがえるといつのまにか死んでいる。
 選択肢を間違う=死に直行。ではなく、物語が複雑に絡み合った結果「死ぬ」。というところが面白い。
 うまくいっているな、と思っていたら死んだり。死にそうだ、と思ったら生き残ったり。

 バッドエンドの多さも特徴的で、ハッピーエンドにいたるまで何度死んだか、あるいは後味の悪いエンドを迎えたか分からない。
 だが、それだけあってハッピーエンドに至ったときの達成感は素晴らしく、今でもときたまやるほど好きなゲームである。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-09-22 : ゲーム関連 :
Pagetop

ダブルキャスト ダブルキャスト その9

 はい! 終わり!
 最良のグッドエンドで終えました。
 案外ルートって覚えているもんですね。
 いやってほどやったからかもしれませんが。本当に。ええ。
 さて、では次回の総評でしめたいと思います。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-09-22 : ゲーム関連 :
Pagetop

ダブルキャスト 2人 その8

 次でラスト。
 最後に総評。きっちり10回でおさまりましたね。
 なんだかキリがよくて嬉しいなぁ。
 いっちゃいますが、ストーリーもきちんとグットエンドいきましたよ。
 途中選択肢ミスったか、と思ってヒヤッとしましたけれどね。
 グッドエンドにもパターンがあって、救われないのにグッド扱いなのがあるので。
 実質、真・グッドはひとつだけなんですよね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-09-22 : ゲーム関連 :
Pagetop

ダブルキャスト 愛憎 その7

 病んでますね。これが98年か……。
 フルアニメだから余計に怖い。ていうかいまだにバッドの恐怖が抜けない。
 笑える要素も各所に仕込んであるんだけれど、それ以上にメインストーリーが病んでる。
 まだ序の口ですけどね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-09-22 : ゲーム関連 :
Pagetop

ダブルキャスト 佐久間 その6

 恐らく後2回程度でラストです。10回はいかないかなぁ。
 昔やったときはかなり時間かかった覚えあるんですけれど、記事にするとこんなものなんですね。
 文章はかなり簡略化してますし、映像があってこそ面白いと思うので。
 是非PSP版をオススメ……、するのは私が買って確かめてからですね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-09-22 : ゲーム関連 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

報告

基本的には、毎週金曜日に更新。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

今後のプレイ予定。及び記事予定。

 デモンゲイズ2GE 完成次第UP。
 グラビティデイズ2 完成次第UP。
 イース8 完成次第UP。

 プレイ済みだが記録のないものは単発感想でUP予定。
 その他、映画、読書記録をはさんで順次UP。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ