FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 resident evil) 感想

 去年の初頭に発売されたバイオハザードの新作。
 今までの方針を完全に一新して、バイオハザード無印から、正当進化した、まさに『バイオハザード』と呼べる傑作でした。

 『バイオハザード』の意味は、文字通り『ウイルスによる感染の拡大』ですが、『バイオハザード』の肝である『ウイルス』の要素
が、徐々に変化するにあたって、主人公たちの行動も激しくなっていきました。
 これらのアクション性の高さにあたっては、まあウェスカーも絡んでいるのですが。

 基本的に、バイオハザードというゲームのテーマは『閉鎖的な空間』において、『どうやって脱出するか』という最大の目的と、『補給物資の少なさ』の問題に加えて、閉じ込められた場所で起こった『バイオハザード』による『謎を解いてゆく』。これらが、バイオハザードという作品の最大の『特徴』であり、最重要なものであると思っています。

 そう言った点において『バイオハザード7』という作品は、まさに原点回帰と呼べるものであって『圧迫感を覚える閉鎖空間』。
 なぜ、主人公は襲われるのか。なぜ、化け物が存在するのか。これらの『バイオハザード』らしさを、随所に感じる丁寧な作り込み。
 シナリオは文句なしに面白い。行動する場所は、広さに対して、やや謎解き要素が少なかったかな? という印象はありましたが、それを上回る『恐怖』によって塗り替えられてしまいました。

 物語りは、主人公が、とある『民家』を訪れるところか始まりますが、それが、プレイヤーを『恐怖』へと誘う瞬間であります。
 この、序盤からかっとばしてゆくのではなく、徐々に、徐々に、恐怖を覚えさせ、なんで? どうして? とプレイヤーに行動させてゆく。

 まさに進化した現代の『バイオハザード』。
 加えて追加コンテンツには笑えるものもあったり、オマージュもあったり……。

 非常に満足出来る傑作です。
 まあ、万人にオススメ出来るかと言えば、あれなんですが。
 サイコキラーものや、ホラー、スプラッタものが好きな人なら問題なくプレイ出来るでしょう。

 ちなみに、私はグロテスクバージョンを買いましたが、特に気持ち悪くなるような『ゴア』表現はありませんでした。
 むしろアドレナリンマックスで、恐怖に怯えながら、あっちこっちを走り回る快感を覚える程でしたね。

 まあ私の精神が異常なのかもしれないので、ゴアはヤバい、と、思うのならばノーマルバージョンを買えば良いと思います。
 オススメはグロテスクバージョンだと思うのですが。
2018-05-18 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
好きなことは本を読むこと。
苦手なことはコミュニケーション。

『PS4』ゲームソフトプレイヤー。
『ヴァイスシュヴァルツ』プレイヤー。
『スマートフォンアプリゲーム』ユーザー。

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ