FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ホライゾン ゼロ ドーン 感想

 『Horizon Zero Dawn』(ホライゾン ゼロ ドーン)は、2017年3月2日に発売されたオープンワールドタイプのARPGです。
 最近(現時点では)のゲームではありますが、この頃いきなり大幅なセールが行われたので購入しました。
 発売してから人気が凄いそうで、気にはなっていたのですよね。で、ちょこっとやってみたところ……。
 冒頭からして、名作の匂いがする! という感じでありますよ。
 わたしはオープンワールドにはまっていまして、その分プレイスキルを求められるでしょうが、今から凄い楽しみです。
 敵はゾイドのような機械生命体? で、設定としては、地球の人類が一度滅び、再び原始的……、というには、新たな進化をたどった世界が舞台だとか。こういう設定大好きです!
 では。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 異端者『アーロイ』。彼女は過去の人類が滅び鉄の生命体が闊歩する時代を生きる。
 鉄の槍と鉄の弓を用いて人々は多様な生態系を持つ機械生命体たちを『狩る』暮らしをしていた。
 子どもの彼女はある日『禁じられた場所』と呼ばれる場所に偶然迷い込み『過去の遺物』を手に入れる。

 それは耳につける様々な機能を持った小型端末『フォーカス』だった。彼女はそれを活用して知識を得るようになる。
 彼女は成長するにつれ、父親代わりの『ロスト』や自らが異端者と呼ばれる理由に疑問を持つようになり、赤子の頃に『ばばさま』と呼ばれる部族の長が連れてきたことを知らされる。

 『母親』の存在、そして異端者と呼ばれる真実を知るためには部族の『試練』の勝者となりばばさまに願いを聞き入れてもらう権利を使うしかないとロストが言う。アーロイはロストの課す過酷な訓練を何年も受け成長してゆくのだった。

 終わり。

 操作感覚としては、特に難しいところはなく、オーソドックスなアクションTPSという感じです。
 基本的な流れとしては、随時更新されるクエストをこなしつつ進めてゆけばメインシナリオは進んでゆきます。
 そこにサブクエストが挟まる感じですね。サブクエストは主人公であるアーロイ以外の人々に焦点が当てられており、仲間の仇討ちや、盗賊の殲滅、指定された素材を集めるなど。多岐にわたります。

 アーロイは、近接の槍と遠距離の弓を使い分けながら、機械生命体を狩って『シャード』と呼ばれる貨幣の代替品や、機械生命体の各種素材を集めていくことになります。各地には動物や植物などの自然素材も点在しているので、それらを集めることでも、持ち物のアップグレードが可能になります。炎の矢を作るには、樹の枝とワイヤー、機械生命体の部品『ブレイズ』が必要になるなどですね。

 武器の種類は槍と弓が基本ですが、矢にも様々な種類がありまして『狩人の弓』『戦術弓』『長弓』などといった複数の弓によって、放てる矢の種類も変わります。武器にはグレードがあり、能力だけではなく、機械生命体から手に入る『改造コア』の取り扱いも変わります。他にスリングショット(爆弾を飛ばす)。トラップ系(機械生命体の進路に属性付きのワイヤーを仕掛けてスリップさせるもの、アンカーを撃ちだして敵を縫い付けるものなどがあります)。これらを駆使して敵に見つからず、弱点の属性で弱点部位を狙って仕留めていくのが基本となります。

 また服装(防具)にも大きく分けて3つの種類があります。
 1つは『物理防御系』。これは機械生命体の機械素材を用いて、堅牢な物理防御力を誇る近接戦用の服装です。
 2つは『属性防御系』。特殊な素材で、機械生命体の属性攻撃(炎、氷、電など)や、『穢れ』と呼ばれる機械生命体を凶暴化させるだけでなくアーロイにも継続ダメージを与えるものから守るものです。防御力はやや低めです。
 最後に『隠密防御系』。やはり機械生命体は強敵。それを狩る基本中の基本。敵に見つからず、敵から逃げて、敵を仕留めるための装備。防御力は最低値ですが、これの高グレードのものにステルス系改造コアをつけるだけで、目の前をすさっと横切っても、気づかれにくいという最高の隠密性を誇ります。

 装備に関しては上で以上です。
 敵は機械生命体だけではなく、山賊などの野党集団や、他の部族の流れ者などもいますので、その時々にあった装備の選択が大事です。また武器に関して注意することは、矢などの弾薬系は消費した場合サークルメニューを表示して都度作成する必要がありますので、素材はきちんと確保しておくべき、というところですね。

 私がプレイした感想ですが、機械生命体に関していえば、最初の一矢でどれだけダメージを与えられるか、武装を剥がせるかというのが重要ですね。弱い機械生命体の場合は弱点部位を撃ち抜けば即死するので、味方を呼ばれませんし、大型や中型の機械生命体は、逃げるもの、襲ってくるものと別れているので、逃げるものの場合は一撃必殺を狙い。襲ってくるものの場合は弱点部位を破壊しておき優位に立つ必要があります。

 なので、服装は『隠密系』一択。
 もし防御力に不安があるなら改造コアをつければ良いだけですから。隠密系の服装で草陰に隠れて、まず一矢で大ダメージを与えることが出来れば、その後見つかっても楽になります。

 そのような流れのゲームでした。
 マップはかなり広大で、まだまだ先は流そうですが、楽しくやっていきたいと思います。

2017-09-15 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ