FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

Fate/EXTELLA 総評

 予約購入してまで楽しみにしていたFate/シリーズ番外編『Fate/EXTELLA』の感想記事になります。
 発売日は2016年11月10日。ジャンルはハイスピードサーヴァントアクション。
 開発が『マーベラス』ということで、アクション無双系になるのではないでしょうか。シナリオは『奈須きのこ』にサポートとして『桜井光』がついています。キャラクター原案は『武内祟』ですが、Fate/EXTELLAは月の聖杯戦争を描いた『EXTRA』シリーズでもデザインを手がけた『ワダアルコ』が担当しています。もちろん、TYPE-MOON監修です。
 事前知識としては、Fate/EXTRAと、Fate/EXTRA CCCはもちろんですが、登場するキャラクター的には、Fate/本編シリーズもやっておいたほうがいいかもしれませんね。わたしはそこそこやっているので登場サーヴァントは今のところ知っているキャラクターです。

 さて、どんな物語りが繰り広げられるのか。楽しみです。

 シナリオについては詳しくは書きませんが、ネロ篇1、タマモ篇、アルテラ篇、ネロ篇2。の順序で攻略してゆくことになります。
 それぞれのシナリオについては5時間もあればクリアできるかなぁという長さですが、その代わりに複雑なシナリオ構成をしています。すべてのシナリオをクリアしたうえでさらに各サーヴァントのサブストーリーをもクリアすることでようやく理解が追いつく、という感じでしょうか。マテリアルがあれば買いたいと思います。

 シナリオはネロ篇2が正史になるので、その他のエンディングはかなり後味の悪い終わり方をします。ただ、最後の戦いに赴くアルテラ篇は感動しましたが。このアルテラ篇が最終篇の布石になっており、すべての謎が解けるキーシナリオとなっているのです。アルテラという存在をうまく動かしていて、泣けるし、本当に面白かったです。

 そして最後の一枚絵に繋がるのですが、アルテラに救いがあって本当に良かった。本当に良かったです。
 ただ。CCCまでクリアしている私としては、無銘の扱いやネロ、タマモの扱いにちょっと頭を捻る展開なども多かったです。EXTRA時空とは異なった時間軸というのは理解しているのですが、主人公は表も裏も攻略している感じなんですよね。ネロ、タマモ、ギルさんの感じからするに。そうすると、主人公はピースマンとの対決も経験しているわけで、BBについては表に戻るときに消えるので仕方ないのですが、結局ムーンセルに分解される運命がどうなっているのか、という問題がでます。

 おそらくこの時空においては聖杯戦争を勝ち抜いたことでピースマンの存在はともかくとしてムーンセルはヴェルバー(ムーンセルと同等の演算能力を持つ遊星)との対決に向けて主人公にレガリア(これがキーワード)を託すことになるのでしょうが、NPCゆえに無茶が効くという設定を利用したのかもしれません。ただ、主人公の言動にきのこ節があんまり発揮されていないように思えました。CCCの主人公を見ていると、やっぱりタイプムーンだな。と思ったものですが。

 まあシナリオに関しては、アルキメデスという新キャラの並行移動(スライド)によるシナリオ更新が重要になりますよ、というわけで。

 で、問題のアクション部分ですが、扱いずらい性能や癖のあるキャラも多いですが、おおむね良好です。普通アクションゲームといえば複数のタイプがあるものですからね。ネロ篇はさすがメインを張るだけあってネロは扱いやすい。コンボを繋げることも容易ですし、ロサ・イクトゥスで距離を置くこともできます。空中からロサ・イクトゥスが出せるようになると打ち上げ打ち下ろしロサ・イクトゥスのコンボで対サーヴァントで役立ちます。
 また今作では副官サーヴァントというものが設定されており、ネロの副官は無銘です。無銘はシナリオ上ではほとんど裏方に徹するので、プレイアブルとしてはネロ篇かサブストーリーでしかほとんど活躍できません。しかも性能が尖っていて、ネロのロサ・イクトゥスを除けば弓矢による遠距離攻撃手段を持っている点で優秀ですが、カラドボルグの発動を邪魔されるのが厄介。

 タメの少ないロサ・イクトゥスよりも確かに火力、範囲ともに優秀なカラドボルグですが雑魚敵の攻撃でもキャンセルされるので、鶴翼三連かフルンディングで翻弄しながら戦うというスタイルになります。強攻撃が使いずらいんですよねぇ。ただ、ネロと違ってダッシュ強攻撃が回転で敵を巻き込めるので、エクステラマニューバ(対象を指定して連続攻撃をたたき込み、さらに一定範囲の敵にダメージを与える)のために必要となる魔力を貯めるのが楽で、イマージュカリバーの攻撃力の高さもあってそこは良い点でした。

 まあ、副官の性能でいえば王の財宝をブッパできるギルさんと、ランチャーのカルナさんがとびぬけているので無銘さんは……。というイメージ。ギルさんは技の出が遅いものと早いものがありますが、攻撃範囲はとびぬけて高いですし威力もある。さらに王の財宝の掃射には毒の効果付与もあり、やや後方から打ち出す関係上多くの敵を巻き込んで攻撃できるのが良いですね。ランチャーのカルナさんの真の英雄は目で殺すは、まず攻撃をしてから繋げるため隙が少ないし、威力も連続ヒットするので扱いやすいです。ただ、頭上注意だ、はどう扱えばいいのか迷います。ブラフマーストラ・クンダーラなんですが、かなり遠くまで槍を飛ばすので、遠距離攻撃を仕掛けてくる敵か大型のエネミーにしか使えません。

 

2017-09-29 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ