ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

オメガラビリンス その1 「胸! それはこころの叫び」

 『オメガラビリンス』は、2015年11月19日にD3パブリッシャーより発売されたPlayStation Vita用ゲームソフト。
 ジャンルはローグライクRPGです。ローグライクとは、マス目を俯瞰視点で移動するダンジョン探索型のゲームことです。
 有名なところでは風来のシレンシリーズですね。
 ローグライクの特徴というと、ダンジョンに挑むたびにダンジョン内部の構造が変化すること。アイテムもトラップもランダム配置。
 敵を倒しつつレベルを上げ、階段を探して次の階層へ進むことでしょうか。
 さらにゲームによっては満腹度などもあり、食事をとらないとデメリットがあるなど、歴史があるジャンルらしく、そのシステムは多岐にわたります。
 そんなローグライクゲームのひとつである本作、オメガラビリンスはD3お得意のお色気要素を加えたものです。まあ、ゲームの目的からして絶壁の少女が巨乳になるためにダンジョンに挑むというものですからね。
 さて、ではさっそくプレイしていきましょう。

 以下ネタバレ含む感想。

 主人公『朱宮愛那』の通う『アンベリール女学園』には、万能の願望器である『美の聖杯』が、学園の創立記念日である『11月08日』にだけ開く『聖洞』にあるという噂がありました。そんな愛那もまた聖杯を求めるひとり。薄い胸を巨乳にしてもらうべく、不思議な不思議な洞窟へと足を踏み入れるのでした。


 ローグライクとしての基本的なシステムはおさえてあります。独特なものでは、お金ではなくω(オメガ)パワーと呼ばれるもので施設を利用することでしょうか。敵を倒すとωパワーがたまり、一定以上たまると、バストサイズがあがります。はい。バストサイズがあがります。そしてこのωパワーは武器の鑑定及び強化にも使われます。
 プレイヤーは愛那だけではなく、パートナーとなるキャラクターが4人存在しており、それぞれ特性が違います。
 さらに、このゲームではプレイヤーキャラクターも強化することが可能です。色ごとに種類がある悶絶香というアイテムであはんうふんな後に、悶絶香に対応したゲージが上昇して、それがレベルアップするとキャラのステータスが上がったり、スキルを覚えたりするというシステムです。

 これはとてもいいシステムだと思いますね。悶絶香を使ってステータスを強化して挑むもよし、能力値上げなしで挑むもよし。です。ちなみにわたしはがんがん使っていくタイプです。
 ただ不満なのは、長いダンジョンに潜るとアイテム欄がすぐ埋まることですね。保存の壺みたいなものはないので、30しかないアイテム欄はすぐ満杯になります。スタックできるのは硬い石や木の矢といったものだけです。

 わたしは序盤のダンジョンが終わったところですが、これは長く遊べそうです。

2015-12-05 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ