ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」感想

 3D吹き替えで観て来ました。
 もともと2D映画なんでそこまで3D要素はないのですが、吹き替えで見たので字幕に邪魔されることなくマッドな走りをあますことなく集中してみることができました。モンスタートラックたちがぶっ壊れる吹っ飛ぶ爆発するで。これはマッドやわぁ……。
 放射能汚染が進んだ地球が舞台ということでしたが、水、食べ物、車のガソリンなどを独占する敵キャラ仮面の男ジョーVS主人公マックス&離反した鉄の女という形で物語は進行します。
 その途中ではさまざまな人間模様が描かれており、単なるマッドレースにとどまらないなんとも言えない「よさ」がありました。ウォー・マンという戦闘員たちの狂信的なまでの心酔、戦闘狂ぶりは凄いですが、ただ争うだけじゃないドラマが展開されます。
 マッドマックスシリーズは一作目しか見ていないのですが、今作の主人公もまた家族を失ったことによるフラッシュバックがあったのかな? 時折女の子がでてくるのです。

 とまあ語ればきりがないですが、マッドマックス、面白くみさせていただきました。
 あの汚れた車の感じや荒廃した雰囲気は見事の一言に尽きますし、多少荒っぽい部分もあれど充分娯楽作品として楽しめる作品でした。
2015-06-26 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ