FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「ハル」感想

 2013年のアニメ映画「ハル」は、ロボット技術の発展した近未来の京都を舞台とした恋愛映画です。
 恋愛というとちょっとジャンル的に違う気がしますが。とりあえず恋愛映画ということで。
 中編60分という長さで起承転結を巧みに描写して、転にあたる部分では今までのすべてを覆すような真相が判明するといいう形をとり、どこからどこまでが「本当」のことなのかが分からない。
 そのような作品であります。中身としては非常に単純な恋愛モノで切なく泣けるものですが、設定が気に入る、気に入らないのような好みは分かれる作品ではあるでしょう。
 わたしはとても好きな作品です。ではちょこっとだけあらすじを。

 あらすじ。
 飛行機事故で「ハル」を亡くした「くるみ」はふさぎ込んでしまう。そこで、ロボット療法と呼ばれる治療法でくるみの心を開こうと医者と祖父は考えた。ロボット「Q-1」に「ハル」の姿を与え、くるみのケアを始めるのだった。

著者 :
ポニーキャニオン
発売日 : 2013-12-18
2018-03-02 : 映画関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ