ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

セブンスドラゴン2020 CHAPTER0:カウント、ゼロ その1

 ※現在セブンスドラゴン3を攻略中記念に。ただ、記事は結構古い記事なので情報も古いです。

 セブンスドラゴン2020は、イメージエポック開発、セガからでたRPGです。
 前作はDSのファンタジーRPGとして出ましたが、このPSP版2020は続編でもなんでもなく。
 現代日本がある世界に突如現れたドラゴンたちによって蹂躙された世界、という設定のようです。
 ま、ようするに世紀末的世界観というわけですが。キャラクターは二頭身ポリゴンにして。
 初音ミクの音楽を用いたという点で、ちょろっとそこら辺は緩和されている……、のかな。
 向こうの考えは分かりませんが、こういった自由に動けて、キャラクターも作成できる普通の俯瞰視点RPGは久しぶりにやるので、楽しませてもらいましょう。
 難易度は一応ノーマルですが、ドラゴンが鬼畜ということで慎重にいきたいと思います。というか、それくらいしか情報を持っていないので……。



 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 突如世界中に現れるようになった、通称「マモノ」と呼称される謎の生命体。これに対抗すべく、自衛隊と専門のマモノ対策組織「ムラクモ機関」が作られた。
 ムラクモ機関の総長「ナツメ」の今回の目的は、マモノに対抗しうる新人を選抜すること。そして、ここに今、呼び出された新人たちが集まった。だが、その中にはなぜ呼び出されたのかすら理解できないものもいた。
 ナツメはそれらを無視して続ける。現在、「都庁」に多数入り込んでいるマモノを効率的に討伐したものをムラクモ機関に迎え入れるという。つまりそれは命がけの選抜試験。
 だが、それは同時に日本を守ることに繋がる。カナン、アカツキ、リリウムの3人(主人公メンバー)は、覚悟を決めて戦いに臨むのだった。
 ところが、選抜試験の最中、巨大なマモノが都庁屋上に降り立ったとの報告が入る。そこにもっとも近かったのはカナンのチーム。教官からの逃げることを前提に討伐できるようならしてくれ、との指示が入り、屋上へと向かう。
 そこにいたのは、ドラゴンのようなマモノ。なんとかそれを討つことはできたが、ドラゴン型のマモノが、突如として大挙して日本上空に現れる。さらには、一回り大きい、巨大な紅蓮の竜も……。
 自衛隊とムラクモの部隊を蹂躙した紅蓮の竜は、都庁の屋上にいたカナンたちにも目をつけた。当然カナンらが敵うはずもなく、圧倒的な力の前に瀕死の重傷を負わされる。……いや、瀕死ですんだ、といったところか。

 終わり。

 これはまた凄いことになったぞ。ドラゴンによる世紀末の襲来。いや世紀末じゃないですけどね。
 ちびキャラたちがちまちま動くのに和んでいたら容赦なくドラゴンがちびキャラをぶっ飛ばすわ食いちぎる(直接的な描写はなし)わで、もう心が折れそう。
 さて、そんな冗談はさておき。メンバーの紹介からいきましょう。
 一応主人公は男性デフォルトの「カナン」サムライです。名前の由来は、まあ言わずとも分かるでしょう。次は「アカツキ」サムライと、「リリウム」サムライ。声優さんは個人的なイメージでつけましたが、結構あっている気がします。
 今回は日本奪還ということで、サムライ単色パーティでいくことにしました。いわゆる死に職というものがないらしいので、他の職業でもいっかなぁ、とは思ったのですが。
 バランスがとれている、とサムライの説明に書いてあったのでいわゆる君主型なのかな、と判断。他の職業も面白そうでしたけれど、バフデバフが必要になればまた育てればいいだけの話ですし。
 どちらかというと火力があったほうがいいぞ、ということなので、火力も出せるし手数のあるサムライにしました。
 さてさて、ドラゴンに侵略された世界。このまま滅ぶのか、復活をとげるのか。見ものですね。

 無印だとサムライは無手型がありましたが、あれはデストロイヤーに引き継がれているみたいです。

2015-11-01 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ