FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

戦場のヴァルキュリア 感想

 独特の絵柄(水彩画?)のような映像美を誇るSLG。
 架空の国を舞台にして(地図的には現実に即しているようだが)戦争にかりだされる兵士たちの姿を描く。
 主人公組みは、生物学などに詳しい学生や町の自警団を勤めていた女の子、酒場の歌い手など本当に戦争には似合わない人たち。
 けれど彼らは戦うことになり徐々に戦争の悲惨さを目にすることになる。そして……。戦争の裏に隠された真実を目の当たりにする。
 差別問題や国家の政治問題など、さまざまな意欲的メッセージが込められており、ストーリーも戦争ものにしては暗くしすぎず明るい雰囲気で進んで行く。
 しかしその中でもシリアスな場面はシリアスに。という感じで全体的な仕上がりとしては十分に面白いといえるだろう。
 難易度はそこまで高くないが、高評価を狙うにはあの手この手を駆使する必要があり、ミッションごとに毛色の違う豊富な内容があるのもあって、SLGとしての完成度は高い。
2018-10-26 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
好きなことは本を読むこと。
苦手なことはコミュニケーション。

『PS4』ゲームソフトプレイヤー。
『ヴァイスシュヴァルツ』プレイヤー。
『スマートフォンアプリゲーム』ユーザー。

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ