ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

漫画「Cat Shit One VOL.3 キャット・シット・ワン 3巻」感想

 人間を動物に置き換えて戦争の悲惨さを伝えるシリーズ第三巻。今回も日本兵が引き続き多く登場。
 さらに「意味のない戦争」というキーワードを伝えるためにストーリーは進んで行く。戦争によって生まれる貧困の差と儲けるためにはなんでもするヤカラ。
 同じ人種でさえ信頼できない戦争の恐怖を描いている。また今回はヒロシマにも触れており、ベトナムで使われる恐れのあった小型核地雷にはぞっとした。
 0巻でシリーズはいったん終了だが、たいへん面白く読むことができた。アメリカ的コミックでありながら日本人に優しい作風で読みやすかったのも嬉しい。
 では、これでCat Shit Oneの感想を終了とする。
2014-02-28 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ