FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「英雄戦姫 暗黒領域制圧 その26」

 いよいよ物語もおしまいに近づいています。
 制圧できていないのはあとブリタニアだけ。
 しかし、一番きついのもブリタニアでしょう。
 とりあえずは攻撃をしのぎつつ、こちらは兵力を拡充。
 またミッションをこなして仲間との信頼関係を構築していくのが、目下の目標ですね。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 ブリタニアへは海路を閉ざされてしまったためにいけなくなってしまったジパング軍。ならばその海路を開くことができる魔術師マーリンを探して暗黒領域の制圧に乗り出した。闇のものとの厳しい戦いを繰り返しながら、最南端まできたが……。ここで手がかりがなければおしまいだ。
 しかし、運は見放さなかった。2重の封印で閉じ込められているマーリンを発見したのだ。……姿は人ですらなく綿菓子みたいだが、これが大魔術師マーリンらしい。彼女(彼?)を助け出せば、ブリタニアへの進出が可能になる。襲いかかってきたベイリンを退け、マーリンの封印を解くことには成功した。だが、今度はガウェインとガラハドが現れ、ベイリンを斬り飛ばしてから、マーリンを斬りつけ去っていった。なぜ?

 終わり。

 今回はスピードアタック。暗黒領域は隣接する拠点が多いので、増えた英雄の数でもって一気に複数個所を制圧。
 その後本拠地を制圧して完了となりました。これでようやくマーリンと出会うことができて、元寇のときからの付き合いのベイリンも解放できました。

 やれやれ。地図上では残りはブリタニアだけとはいえ、それだけじゃ終わらない予感がしますね。
 具体的にはルルイエ的なナニカそんな感じのものが。

2018-08-24 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
好きなことは本を読むこと。
苦手なことはコミュニケーション。

『PS4』ゲームソフトプレイヤー。
『ヴァイスシュヴァルツ』プレイヤー。
『スマートフォンアプリゲーム』ユーザー。

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ