FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「英雄戦姫 反逆のブリタニア その25」

 どっかで見たようなタイトルだけど気にしない。
 英雄戦姫25回はブリタニア回。戦闘はまあ……。
 前回の記事をみてくれれば分かるように、きちんと準備していけば高難易度であっても十分渡り合っていけることが分かりましたし。
 とりあえずは増えた資金で兵力を増やしつつ仲間を探して拠点もとって、と。
 やることは山積みです。
 これ二週目(あるかどうか分かりませんけど)やる気せぇへんなぁ……。

 以下ネタバレ含む。

 あらすじ。
 ナポレオン協力のもと、パリからブリタニアへ進攻する準備を整えていたところ、アーサー自ら円卓の騎士の残りを率いて逆進攻をしかけてきた。アーサーが操られているならば救いたい。偽者ならば討ち取る。ジパング軍とブリタニアの円卓精鋭軍との決戦が始まった。
 だが、アーサーは敵味方関係なくエクスカリバーでなぎ払うという暴挙にでた。もはやこれでは騎士として従えない、と残りの円卓の騎士たちはジパング軍に参加して、アーサーと戦うことになった。そして悠陽は見た。アーサーの首にペンダントがあるのを。そして、最後に残ったアーサーを円卓の騎士とともに倒すことには成功するが、ガウェインとガラハドにもペンダントがつけられており、最後にアーサーは、私が世界を破滅させるようなことがあれば、斬ってくれと言い残して消えていった。
 だが悠陽は、絶対に助けると消え行くアーサーへ叫ぶのだった。

 終わり。

 エクスカリバーという超兵器もちのアーサー王だけでなく、その両腕のガウェインとガラハドまで操られているとは……。
 配下の騎士が操られていないので予想はしていてもあんまり悲観的ではなかったのですが。
 これは困ったことになりましたね……。
 とにかく、ブリタニアを落としてアーサーを正気に戻さないといけませんし、ムーとかいうへんてこな格好した下手人もいい加減にぶっとばしてやらないと気がすみません。

 はぁ……。難儀ですね。

2018-08-21 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
好きなことは本を読むこと。
苦手なことはコミュニケーション。

『PS4』ゲームソフトプレイヤー。
『ヴァイスシュヴァルツ』プレイヤー。
『スマートフォンアプリゲーム』ユーザー。

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ