FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「英雄戦姫 インカ制圧 その18」

 インカは特に苦労することなく落とせました。
 戦力レベル2と3でこんなに差がでるのですか。
 それにこっちに新しく加入した味方が強かったし相性も良かったというのもありますね。
 武器相性がいいとかなり楽になりますから。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 イルミナティの総本山を求め、南米へと渡ったジパング軍。だが、行く手を阻むのはインカとアステカという先住民による古いがゆえに兵士の力が強い強国。インカはワイナカパック、アステカはモンテズマという英雄が治めており、生半可な戦力では返り討ちにあうだろうとのことだ。
 しかし、こちらも散々戦ってきた精鋭ぞろい。そう簡単には負けず、どんどん拠点を制圧してゆく。このまま押し切れば……、というところで、インカの英雄ワイナカパックが、モンテズマから渡されたペンダントによって、イルミナティの力に飲み込まれてしまった。さらにアステカが行動を開始し、一気に戦況が不利になってしまう。
 だが、どうにかインカはくだすことができた。そしてワイナカパックも無事仲間に引き入れることが出来たが、彼女から早くアステカのモンテズマを助けないと、彼女がペンダントに吸い込まれてしまう、と懇願された。
 吸い込まれるというのがなにを暗示しているのかは分からないが、どの道避けては通れない戦いだ。かすかだが情報も手に入ったし、アステカに怪しい集団がいるとの情報も入った。それがイルミナティなのかどうか。はっきりさせなくては。

 終わり。

 新しく入った英雄「孫六兼元」がもう大活躍でした。インカは前列に剣持ちが固まっているので、斧の孫六は相性がいいんです(FEだと逆なのに……)。で、彼女で攻撃してブレイブ値っていう必殺技を使うのに必要なゲージを貯めつつ敵を倒し。
 後列に配置した信長とコロンブスのアンチマテリアルという高威力の銃撃スキルで敵、中・後列を攻撃。
 この戦法でインカは簡単、とは言いませんが楽には落とせました。こちらも味方が増えてきたので、敵の弱点属性になる武器持ちの兵力を増やしつつ、残りにも割り振る形がいいですね。

2018-07-27 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
好きなことは本を読むこと。
苦手なことはコミュニケーション。

『PS4』ゲームソフトプレイヤー。
『ヴァイスシュヴァルツ』プレイヤー。
『スマートフォンアプリゲーム』ユーザー。

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ