ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- 蛇女篇第4章 その15

 閃乱カグラ第17回。いよいよ次回で終了です。
 今回の蛇女篇は月閃篇や半蔵篇と違って、蛇女内部で完結している章が多かったですね。
 これからの流れも蛇女内部で進んでゆくようですし。
 内容はおちゃらけキャラも含めてシリアス一直線なのですが、果たしてどんな終わり方をするのか。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 抜忍狩りをしている最中、両備と両奈はついに自分たちの悲願達成が近づいていることを感じていた。善忍だった両親が死亡したことで、両姫という姉に育てられた2人。2人は誰よりも姉が好きだった。
 そんななによりも両備と両奈を優先していた両姫が、はじめて2人に忍になりたいといったとき、2人はもちろん反対しなかった。そして両姫は月閃の選抜になるまで上り詰めた。
 ……だが、とある事件の折、暴走した蛇女の悪忍によって、姉は殺され死体となって帰ってきた。その悪忍こそが雅緋。2人は反動で廃人になった雅緋が忍の道に戻るのを待ち、復讐することを決めた。今回の雅緋による蛇女復興は、なによりのチャンス。最大のチャンスだった。
 ……そうして抜忍狩りは終わった。これで雅緋の蛇女復興にまた近づいた。蛇女の忍による蛇女最強伝説をつくりあげるため、雅緋は再び戦いを続ける決意を決める。

 終わり。

 半蔵の飛鳥や、焔たちとの戦いによって、雅緋にも、その仲間の蛇女たちにも心境がわずかに変化し始めていますね。
 雅緋は忍にとってもっとも大切なものはなにか、という問いを担当教師に言われました。そのときには答えられなかった雅ですが、彼女は答えを得ることができるのか。

 さて、焔たちですが、焔と詠がそこそこ強い程度で後はそこまででもなかったですね。
 こっちもレベルが上がっていましたし、両奈と紫以外は防御力が高いのがウリなんで。

 しかし、両備と両奈にはなにかあるとは思っていましたが、まさか最初の妖魔がここに繋がってくるとは。
 月閃でも半蔵でも思いましたが、最初から最後まできちんとシナリオの流れがあって、破綻していないというのが閃乱カグラのかなり高い評価ポイントですね。
 昨今のゲームではもうストーリーは投げ捨てるものといわんばかりのものもあふれていますからね。
 まあそれは今も昔も変わらないものですが、映像が綺麗なんだからシナリオもきちんとして欲しい、というのはわがままでしょうか。
 こっちは供給されている側なので文句はあまり言えないんですどね(笑)。

2017-06-23 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ