FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「英雄戦姫 元寇襲来とブリタニア その6」

 今回はぎゅぎゅっとつめてありますが、内容的にはまだ大陸へ進出はしていない状況です。
 イベントばかり起きるし、行動ポイントが足りないんでなかなか先へ行けないんですよね。
 しかも敵の襲撃もあるから、ある程度強い戦力を内地に残しておかないといけないし。
 とはいえ、英雄たちの数も増えてきました。そろそろ大陸攻略も近づいて来ましたね。
 次に落とすべきはどこの国か……。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 ひとまず東アジアの情勢を調査することにして、大陸調査団を派遣した悠陽たち。謎の船団が大軍で攻めてきた。調査団はほうほうの体で逃げ帰ってきたが、襲撃されたからには反攻するしかない。残っていた軍勢でなんとか船団は退けた。
 これは元寇襲来。次々と襲ってくる元寇たちに、こちらは安倍清明と伊能忠敬を新たに仲間に迎えて、とりあえず戦力は拡充できた。しかし、敵は次々と襲ってくる。
 と、そこへブリタニアからアーサー王が訪れ、窮地を救ってくれた。大陸方面では最強と名高いブリタニア王国……、友好を結びたいとのことだったが、果たして。とにかく友好は結べた。円卓の騎士という最強集団がいる以上、下手にことは構えられない。おかげでランスロットという戦力も受け入れることができた。
 さらに元寇の拠点もみつけることができた。ここを叩ければ憂いなく大陸へ近づくことができる。ジパング軍は元寇軍拠点を叩き、見事制圧することに成功した。これで海路は確保できた。いざ、大陸へ。

 終わり。

 円卓の騎士はやっぱりこっちでも最強集団扱いなんですね。ジパングにだって強い英雄はもっといるんじゃーい!
 と、叫んでも意味はなし。元寇を叩くにはモンゴルを討つべきですが、なんでもボーナスがもらえる? 順番があるらしくて、私はそっちのルートを選んでみようと思います。歯ごたえの難易度を求めるならインドってことらしいんで(ゲーム内説明)。
 と、なると次の相手はインドになるのですが……。モンゴル素通りしてインドに攻撃できるか! というツッコミはなしでお願いします。

 インドの英雄っていうと……。だれ?

2018-06-01 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ