FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「英雄戦姫 ジパング統一 その4」

 英雄戦姫4回はジパング統一までです。
 といっても、ジパングには国が邪馬台をのぞいて2つしかないので統一までは楽だったんですけどね。
 ただこういったものにつきものの行動ポイントと資金ぐりが大変ですね(笑)。
 また戦闘はそこまで難しくないのですが、いろいろシステムがあるみたいで。
 きちんと理解していかないと苦しい戦いになりそうです。
 では追記から。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 山賊には勝利したものの、しょせんは烏合の衆。こちらの基盤が弱いことには変わらない。早急に京都を落とし、態勢を整える必要があった。まずは宣戦布告の書状を叩きつけ、京都に攻め入った。守るは義経と弁慶ら優秀な武将たちだったが、こちらも兵力を整えていたおかげでなんとか勝利することができた。
 そうして義経と弁慶を仲間に加え、いざジパング統一のための最終戦。江戸攻略戦が始まった。ヤマトタケルは体調の悪化によって(そもそも心臓が動いておらず、記憶すらもなかったのだ)参戦できない。
 だが、2人も味方は増えている。鉄砲隊という恐ろしい部隊はいるが、それでも総合力では上。単身で戦いに挑んだ信長に対して、こちらは総力戦をしかけ見事勝利をおさめることができた。
 これでバラバラだったジパングは統一され、信長も加わって、崩壊すると予知された世界を安定させるための「世界征服」への足がかりができるのだった。

 終わり。

 これで一気に日本の有名武将3人がそろい踏み。時代や場所はおいといて。
 鉄砲隊が加わった(?)ことでヒミコは治癒に専念させて信長に遠距離攻撃を任せることができそうですね。
 主人公と義経は行動順が早いので、手数で押すタイプ。弁慶は典型的なパワー体力タイプですね。

 それと、生きる屍と自分を称するヤマトタケルからジパングの王の証である草薙の剣を、主人公は預かりました。
 ヤマトタケルはなぜ生きているのか。なぜ王の剣を持っていたのか。この謎も解明される日が来るのでしょうか。

 で、行動ポイントは、ミッションと呼ばれるサブクエスト的なものをこなすために必要なのですが、これが2つしかないので、一度にこなせるミッションは2つまでなんですね。
 だけどたまにミッション3つとか出てくるし、まだユニットの数も少ないので、手が回りません。また江戸を落としたとはいえ、兵力の回復に、兵力の増強と、お金はあっても困りませんが、これも足りない。
 ないないづくしですが、ジパングを統一したので少しはマシになったでしょうか。

2018-04-27 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
好きなことは本を読むこと。
苦手なことはコミュニケーション。

『PS4』ゲームソフトプレイヤー。
『ヴァイスシュヴァルツ』プレイヤー。
『スマートフォンアプリゲーム』ユーザー。

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ