ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- 半蔵篇第2章 その8

 今回は時間制限つきのステージがあったりして面白かったですね。
 でもやっぱりテクニカルタイプのキャラは使いづらい。
 パワータイプもタメ攻撃やディレイ攻撃などがあるのですが、どうしても積極的には使えませんね。
 その点ではバランスとスピードが二強だなぁ。唯一最高評価をとれたのが斑鳩でしたし。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 学炎祭をもうしこまれた飛鳥たち。負ければ学院は燃やされてしまう。それとは別に、飛鳥たちにも、それぞれ負けられない理由があった。望みに優劣も大小もない。ただ望みを貫き通す気持ちさえあればいいのだ。
 その点において、いきなり学炎祭をしかけられた側の飛鳥らには迷いがあった。確かに負ければ後がない。けれど、しかけてきた理由は……。
 一方で、月閃の代表たちはそれぞれが確固たる信念を持って戦っているように見えた。そこには迷いもなく、まだ余力すら残している様子だった。
 今回は興ざめだという理由で去っていった月閃の生徒たちだったが、飛鳥らが負った傷は深い。飛鳥を残して全員が行動不能にまで追い込まれたのだから。戦いとは自らと、そして相手の心と向き合うことでもある。
 月閃の代表生徒たちがなにを考えているのか、戦いの中でそれを見出すしかない。

 終わり。

 今回は月閃でもあった一回目の学炎祭。
 ここでは一度敵を退けることになるのですが、月閃と違うのはこちらのほうが被害が大きいというところですね。
 かなり規模の大きい学院であり、その指導も厳しいはずの半蔵学院が新設校の生徒に追い込まれるとは……。
 まあネタバレすると半蔵が鍛えているから強いのはあたりまえなのですが、心のありようとしてはまだまだ、ですね。

 これからも殴り合いを通じて相互理解していきましょう。

2017-05-29 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ