ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ダブルキャスト プロローグ 謎の少女 その1

 元祖ヤンデレ系死にゲーADV「ダブルキャスト」をやっていきたいと思います。
 ちなみにハードはPS。アーカイブですらありません。いまさらPSかよ! とツッコミがありそうですが、ファミコンやGBをやっている私に隙はなかった。PSP版で映像が綺麗になっているらしいので、そのうち買うと思いますが。
 これは「やるドラシリーズ」と呼ばれる作品群で、全4作品からなります。いわゆる見るドラマからやるドラマへ。というのを売り文句にしており、その通り全編フルアニメーション。選択肢を選ぶときだけ止まる仕様です。
 「ダブルキャスト」「季節を抱きしめて」「サンパギータ」「雪割りの花」と四季を題材にした作品であり、それぞれ全くジャンルが異なります。ハートフルな恋愛ものから、スリリングなものからサスペンスものまでさまざま。

 ちなみに私はPS版で全部持っていますが、全エンディングをクリアしたのはダブルキャストのみになります。これが初やるドラだったんですが、バッドエンドで心が折れそうになりましたよ。
 バッドエンドの数が非常に多く、心を折りにくるダブルキャストですが、今回はグッドエンドルートで行くので、問題はありませんのでご安心を。またネタバレも最小限にとどめ、ダブルキャストのタイトルが持つ意味を最後で明かしたいと思います。さとい人は途中で気づくかもしれませんが。
 また恐らくほとんどあらすじで埋まるので、私の言葉はひとことコメントか、ちょっとした補足程度になると思います。

 では、スタート。
著者 :
ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日 : 1998-06-25


 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 酔いつぶれていた大学生の主人公は、不思議な女性に起こされる。冗談でからかわれた青年だったが、その女性は記憶喪失だった。なんでここにいるのか、どうしていたのかすら覚えていない。つまり自分のことが分からない状況にあった。
 ただ「赤坂美月(あかさかみつき)」という名前だけは主人公との問答で思い出すことができたらしい。途方にくれる美月を見た主人公は、思わずボクの家に来るかとたずねてしまっていた。だが、それを喜んで受け入れた美月。
 こうして、主人公と美月との奇妙な共同生活が始まるのだった。彼女が何かに巻き込まれているのか、あるいは彼女はなにか隠しているのか。ともあれ、美月は可愛らしい女性であることは確かだった。

 終わり。

2017-08-11 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ