ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- 月閃篇 プロローグ その1

 Vitaのゲームなんてあんまり興味ないしなぁ。と言っていたのが嘘のようにVitaTVにはまっています。
 今回はデモンゲイズに続いて「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-」というゲームを買いました(あとアマガミとサモンナイト3も(笑))。
 プレイキャラは20数人とのことですが、追加DLキャラも買ってあるので、さらに2人追加です。その他のDLコンテンツはさすがに手を出しませんけどね。コスチュームとか、そんなものでしたし。
 ジャンルは忍ばない系無双アクションでいいのかな。PVを見た感じ結構よさげだったし、値下げ+サントラ付きってことで購入決定。早速プレイしてみたいと思います。
 とりあえず今回は複数あるストーリーのひとつ「死塾月閃女学館篇」を選んで進めてゆこうと思います。最初に選択されていたし、多分これが初心者向けだと思うので。



 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 現代に存在する忍びのための忍び学校。そのうちのひとつ「死塾月閃女学館」に通っている少女たち「雪泉」「美野里」「叢」「夜桜」「四季」らは、悪忍と抗争している善忍の家系である。
 その善忍の中でも伝説とされる「黒影」は、悪忍との抗争で親を失った彼女たちを育て、月閃女学館へと入学させた、彼女たちにとっての恩人だ。今日もまた、好物のいちご大福を持ってうかがうところだった。
 しかし、突如板前の格好をした老人が現れる。半蔵と名乗った老人は黒影とはライバル関係にあるこちらも伝説の善忍である。だが、暇だという理由で彼女たちをからかい、黒影のために用意したいちご大福までをも食べてしまった。
 悔しいが、この状態では黒影に合わせる顔がない、としぶしぶ帰る事を決めた雪泉たちだったが、忍部屋に戻ると、指導教師から「学炎祭」をしかけろと学校から指令が下ったといわれた。この学炎祭。なかなか過激なもので、代表の忍たちが戦い、負けたほうの学校に炎を放つことができるというものだった。
 雪泉だちは学園代表。つまりは戦うことになったということだ。指導教師は、まずは「蛇女」あたりを狙うといいとアドバイスをくれたが、雪泉は半蔵から受けた屈辱を晴らし、立派な善忍であると示すため「半蔵学院」に学炎祭をしかけたいと申し出た。目標はただひとつ。半蔵の孫だという「飛鳥」。彼女を下すのだ。

 終わり。

 な、なんか、あれだな。志は立派だけれど、最後のいちご大福の恨みを知れ、という台詞がすべてを台無しにしているというか。なんか半蔵が登場人物の胸をいきなりもみだしたり。
 超ライトで少しとまどっています。なんか善と悪の壮絶な抗争とか、戦いみたいなもの想像していたんで……。いやまあ学炎祭なんていう物騒きわまりないシステムありますけどねっ。

 とりあえず私が持っている情報は、忍ばない忍びたち。爽快アクション系。脱衣ゲー。のみっつだけなんで。
 ストーリーとかシステム面に関してはほとんど手を触れていない状態なんですね。だからちょっと驚いたというか、こんなライトテイストなんだなぁ、みたいな。

 超シリアスよりはマシですけどね。あんまり暗い話しって……、好物ですけれど(笑)。
 さて、今回は学炎祭をしかけるまでのプロローグ。次回から本格的に戦闘開始ですかね。

2017-05-05 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ