ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

デモンゲイズ その21 最後の神

 『デモンゲイズ』21回目にして、これでシナリオすべてクリアとなります。
 やや唐突な展開やサービス展開が多かったような気もしますが、3Dダンジョンに不慣れな人にもオススメできる程よいバランスのゲームだったと思います。
 難易度は各自で調整できますから、ヘビーユーザーはきつめ、ライトユーザーはぬるめでやったりできるのも嬉しいところですね。特に難易度的に差はない様子なので、どっちが有利ということもありませんし。
 っと、あとは総評にまわすとして、今回の感想記事をどうぞ。
 駆け足で進んで来ましたが、クリア時間は50時間強。ゆっくりやったので、やっぱりそこそこにはかかってますね。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 浄化され、正気を取り戻したエリスと、謎多き少女プロメスからの情報によって『魔星クエーサー』と呼ばれる存在が『デモン』の姿を取り込んで顕界しようとしていることを知った主人公。
 もはや『デモン』だった頃の永遠の命もない。魔眼も使いすぎれば魂が削れるだろう。だが、ここまできて逃げるか。それこそ、ちゃんちゃらおかしい。主人公たちは、地上に生きる『人』として、再び迫りくる脅威に立ち向かうのだった。
 まったく、ソルとルナを退けたばかりだというのに。何かに巻き込まれる運命でも背負っているのか苦笑するフランと主人公たちだった。

 終わり。

 隠しラストダンジョン『神々のエデン』を解放しました。ここは一本道にサークルが配置されており、今まで戦ってきた『デモン』たちとの連戦を乗り越えて、はじめて『クエーサー』と戦えます。戦える。戦えるのですが……。
 隠しだけあって勝たせる気がないだろ、とツッコミを入れたくなる構築。デモンは2体ペアで出てきてどちらも『ダークデモン』いわゆる『狂化状態』となっており、めちゃくちゃ能力が上がって新しいスキルやスペルも習得しています。

 とはいえ、レベル上げと装備が整ってくれば突破はそこまで困難でありませんでした。
 第一戦目の『ダークコメット&ダークアストロ』のコンビは、もともとそこまで能力が高い部類ではありません。なので、まずはこのサークルを何度もめぐってレベル上げ+装備整え+武具収集をしてから、最後に一気にサークルを潰して。

 自らを神と名乗る『クエーサー』を討伐して無事終了。クリアレベルは全員50強。
 装備も強化値が+30近いものばかりです。クエーサーはえんえんと仲間を呼び続けるので削りきるのが大変でしたが、仲間を呼ばなくなった隙を突いて一気に押し切り撃破。
 最後にフランの○△×クエストが発生して、これをクリアして、メインシナリオ完全クリアです。

 じゃあこれからどうするか、といわれたら、やはりレベル上げと装備の収集+エーテル集め。お金集め。とまあ収集要素に精を出すことになりそうですね。またデモンたちの忠誠度=R(ランク)もあげなければなりません。
 クエーサーを討伐したことで二週目ができるようになったので、ネタバレ情報も解禁したのですが、引き継げないものもあるのでそっちは後回しにすることにします。

 とりあえずクリアメンバーの紹介をして今回は終えたいと思います。

 デモンゲイザー・サポートメインかつ火力・回復担当。デモンスキルの多彩さは他の職にはない魅力。
 パラディン・みんなの頼れる盾。メンバーのサポートのおかげで沈むことはまずない。
 サムライ・メイン火力。回数の多い攻撃武器と状態異常付与で雑魚戦でもボス戦でも大活躍。修羅・裏式が本領発揮。
 ヒーラー・ひたすらフォースガードでエンチャントを消されないようにするだけ。回復する暇なんてない。
 ウィザード・ひらすらエンチャント積み。そこからは全体攻撃と単体攻撃を切り替えながらダメージソースに。

 裏ボスは裏ボスというだけあってさすがに強かったですねぇ。当時のレベルは全員50を少し超えて、装備もAランクからSランクでそろえ強化値も15以上はあったのですが、何度か味方も戦闘不能になりましたし、一度は敗北を覚悟するほどの強敵でした。
 とはいえ、道中の暴走ダークデモンたちも、裏ボスのクエーサーも、すべてセオリーどおりエンチャントを切らさないようにして戦っていれば問題はないと思います。

 私がクエーサーと戦ったときは。
 まず攻撃を一手に引き受けるために前列にパラディンを配置。
 スキル「アストロフォース(武器の射程を無視してどこへでも攻撃可能)」を覚えるデモンゲイザーと、神器(他の職業が覚えるスキルを、クラスをまたいで覚えることができるユニークアイテム)でアストロフォースを覚えさせたサムライ、及び後列にいて当然のヒーラーとウィザード。
 すべてを後列に配置。
 パラディンには「フロントガード(後列への攻撃を代わりに防御)」と「パリィ(確率で攻撃を無効化)」に「ホーリーガード(致死無効)」があるので、強敵戦では意外とパラディンワントップが安定したりします。好きなように隊列を組める利点ですね。

 まず。
 デモンゲイザーには「エリス(隠しデモン)」のデモンスキル「太陽の奇跡」及び、サムライにアイテム「神の手(ランダムで強力なエンチャントがかかる)」で、魔法無効・状態異常無効・魔法強化の3つを引き当てるまでねばり。また「神の盾」で後列への攻撃をカット。
 ヒーラーにはエンチャントを消されないために「フォースガード」を発動してもらいつつ、命中・回避強化エンチャントをかけまくってもらい、これを切らさないようにする。
 ウィザードにはヒーラーのエンチャント系強化スキルが使える神器でこっちも強化をしまくり、強化が済んだ段階で、ファストキャスト+全体攻撃でクエーサーがのよぶ雑魚敵の処理にまわってもらいました。
 さらに味方が事故って死亡した場合「神酒(死亡状態から体力全快で回復)」を使うのではなくエリスの、すべての仲間のHPと状態異常を死亡含めて回復がでるまで待ってから回復。
 それと、そこまでやるか、ってくらいに連れ去り攻撃をしかけてくるので身代わりとなるアイテムは30個くらいかっておいてもいいかもしれません。私はパラディンに連れ去り防止アイテムをつけていたのでだいたい防げましたけれど。

 あとは、デモンゲイザーとサムライには集中スキルを使うことで、5回連続攻撃ができる攻撃スキルユピテルベインをクエーサーに放ち続けてもらってダメージレースに無事勝利。
 相手の回復量も相当で50ターン以上普通にかかりましたが、結果的に勝てたので問題なし……、でいいですよね。

 ちなみに、メイン火力となるデモンゲイザーとサムライには、二刀流(片手装備を両手に装備可能)と神の両腕(両手装備を両手に装備可能)の神器をそれぞれ装備させておき。
 デモンゲイザーには「聖剣デモンスレイン+30(380ダメージ×1)」と「エスカリオン+30(190ダメージ×2)」。
 サムライには「月光蝶の刀+30(200ダメージ×2)」と「ピコピコハンマー+30(33ダメージ×10)」装備させていました。
 道中の敵にはピコピコハンマーの状態異常付与「麻痺」が効く相手が結構いたので、外せなかったですね。火力もSTRに少しは振ってあったのでダメージもそこそこでましたし。まあ「村正」がでればそれにこしたことはないんですけれど……。
 サムライには他にも威力の高い刀もあったのですが、属性持ちだったので相性の悪い相手にはダメージが通らないので見送りました。
 装備デモンは、クロノス(本当に最初から最後までありがとう! どっせい)。ネプトゥヌス(体力ターン回復には持久戦で助けられました)。エリス(隠しデモンの癖して能力は強くないけれど、デモンスキルのランダムエンチャントが非常に強力で助かりました)。

 こんな感じで戦い抜きました。では、次回の総評で締めくくりたいと思います。

2014-08-28 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ