ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

デモンゲイズ その20 ××××討伐

 えっと、20回で終わりそうだと思いましたが、もうちょっとだけ続きそうです。
 というのも、隠しダンジョンがあったためで。
 しかもかなり難しそうで今までのデモン戦で培ってきた知識を総動員する必要がありそうです。
 それはさておき、今回は本編終了後のおまけ要素。
 といっても、ストーリー的には続いているのですが。つまり本編終了後のエピローグが後日談だとすれば、その後日談の前にあたる話しになりますね。
 今回は。さて、ではいってみましょう(本編終了後の内容につきネタバレ注意)

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 人として生まれ変わった主人公だったが、フランの父、つまりはドラゴンの王は主人公を生かす条件として『エリス』の打倒を指示した。かつてランスローナに連れて行かれた『黒い檻』。そこの主がエリスだ。そもそもエリスは光の神から遣わされた闇に対する番人であったが、闇に冒され、自身もまた闇の存在=デモンとなったらしい。つまり各地にいたデモンたちもまた、元は光の神『精霊神』に生み出された神の戦士だったものが、闇に落ちた姿だったのだ。
 ようするに、エリスやデモンを討つ。という表現は正しくない。あるべき姿に浄化するというのが、正しい表現だろう。この最初にして最後の番人であるエリスを浄化することが、主人公にかせられた使命、というわけだ。なに、今までと何か変わるわけではない。魔眼の力は衰えているかもしれないが、後一体程度どうにかなる。
 さっさとエリスとやらを倒して、フランと竜姫亭の面々と気ままな生活をおくるとしようじゃないか。こちらには頼りになる仲間も、帰りを待っている人たちもいるのだから。

 終わり。

 和装美人キター! 歴史を感じるような感じないような、ちょっと独特なセンスの和装をした真っ白い雪女みたいなのがエリスのご様子。こいつは隠しボスってことでいいんですかね。
 こちらの装備はデモンゲイザーがようやく主力級火力を出せるようになったので(聖剣デモンスレイン+アイスブランドの二刀流※神器)、これとサムライの状態異常付与あるいはアイテムサポート+ヒーラー及びウィザードのサポートという形。
 いつもの定石どうりに戦えば問題のない相手でした。エンチャント消去にさえ気をつければ。こっちも火力一発五百とかでますからね。

 で、エリスを討伐したのはいいのですが、今度はまた新たな問題が。ソルを凌駕するレベルの闇がくるとかなんとか。
 エリスを引き連れてソルがいた玉座にいくと『魔星クエーサーの輝く神の座』なる場所いけるようになるそうです。今度こそ、これが隠しダンジョン+隠しボスでしょうかね。

 デモンはエリスで最後のはずですから、クトゥルフ的な感じの敵なのでしょうか。

2014-08-26 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ