ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「デモンゲイズ その14 裏切りと」

 謎が謎を呼ぶデモンゲイズ14回目です。
 これからは竜姫亭(拠点)を経営しているフランという女性についてと。
 デモンという存在について。さらに世界の真理……、古代からの盟約と光と闇のなんちゃらについて。
 それらが今後あかされてゆくのでしょう。
 今から楽しみです。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 アストロの魂をフランに渡すと、シャーク教団(今までにも何度か出てきたエイをサメだと信じて奉っている宗教集団)からシャークさまがご乱心になった、という念話(電話みたいなもの)が入った。どういうことかとグリモダール城にいるシャーク教団のもとへ駆けつけると、シャーク教団の姿はなく、裏切り者シャーク教団と、共犯者ルゥ・ルナーク(ルルのこと)の処刑を時計台にて執行する、という紙切れが落ちているだけだった。
 慌てて時計塔を駆け上る主人公たち。ルルの話を信じるにせよ、信じないせよ、今は情報が圧倒的に不足している。……やがて時計台にたどり着くと、そこには倒れふすルルの姿が。主人公が様子を見るために近づくと『甘いんだよ!』という言葉とともに、至近距離から『ソルゲイズ(デモンを無理やり暴走させる)』を放ってきた。
 だが、そこに巨大なドラゴンが現れ、不意打ちによって動けなくなっている主人公を助け出した。さらにそのドラゴンの正体は、竜姫亭の管理人フランだった。
 フランの手によって動けるようになった主人公は……。ルル――いやデモン『ルナ』を討伐することを決意する。裏切られることは考えていた。甘いといわれてもいい。それでも信じたかった。
 結局は、ルルはテラである主人公を殺しにかかり、ドラゴンの姿となったフランに助けられる結果となってしまったが。

 終わり。

 結構可愛かったシャーク教団全滅。+ルルはやっぱり裏切り。わかりきっていたことではありますがね。
 そしてフランの正体が(おそらく)巨大なドラゴンであり、ドラゴンは地上に干渉してはならない、というような決まりがあるような雰囲気。
 ルルもまたルールを破ったのはそっちだろうが、と語ってました。ルルがルール……、い、いえなんでもありません。古代から続く光と闇の争いやらなんやら。難しい用語はないので安心ですが、世界観を詳しく知るには過去作の円卓の生徒などもやったほうが良いかもしれませんね。私はやりませんけど。きっと、たぶん、メイビー。

 とかく、だんだん主人公に対して心を開く=デレはじめてきたフランですが、何かを得るには何かを犠牲にしなければならい、という問題に直面している様子。まあ大方すべてのデモンを封印すれば、主人公もまた封印されるか、死ぬかとかそんな感じじゃないんですかね。

2014-08-20 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ