ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「デモンゲイズ その9 グリモダール城突入」

 デモンゲイズはいよいよ様子見は終了といったところでしょうか。
 詳しいことはわかりませんが、もう少しすれば中盤戦に入りそうですね。
 新たなダンジョン、新たな敵。そろそろ旧ダンジョンの魔物は見飽きていたのでいい感じです。
 ただ結構強化されているので、こちらもエンチャント(=バフ)効果やデモンを積極的に使っていきたいところですね。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 どうやらグリモダールの城へ入るには、王の三至宝と呼ばれる道具が必要らしい。そのうちのひとつ『ダール王の指輪』は、既に討伐してあったモンスターミミックが抱えていた宝箱に、五体のデモンの鍵を差し込むことで手に入れることができた。これで、強力な結界で封印された城門を抜けられるらしいが……。
 武器屋のカッスル曰く、グリモダール城が全盛期を迎えるはずだったのは200年前のこと。城の地下に魔法銀ミスリルの鉱脈が発見されたことによる。ところが、時の領主は多額のお金をかけて巨大な時計塔を建ててしまった。
 領主が狂っていたとか、魔術の深淵に落ちたとか言われたらしいが、真相は謎の中。そのまま城は廃墟と化した。しかし、魔術が使われていたのは確かなことで、竜姫亭にもある魔法の鏡やゲートストーンはその産物だと言う。
 しかし、その結界はもともと壊れており、10年前に何者かが城へ侵入。結界を起動すると同時にデモンたちを解き放ったそうだ。

 どうにせよ、指輪を通して城内へいけるか試す必要がある。主人公たちは息を呑んで、指輪を手に、魔法の鏡に飛び込んだ! すると……。謎の空間に入り込み、さらにはソルの眷属らしき魔物まで現れてしまった。デモンを生み出したソルならば、デモンであるデモンゲイザーを殺すナニカをもっていてもおかしくはない。フランの忠告を受け、主人公たちはデモンとともに眷属を打ち倒した。

 終わり。

 今回の敵から、主人公を無理やりデモン化させてしまうスキル『ソルゲイズ』をもった敵が出現するようになりました。これはかの親玉ソルのまなざしであり、今は人の姿でもデモンである主人公にとってはまさしく致命的な一撃となります。
 ただソルゲイズはオープンデモンをしておくことで防げるので、今回の敵アスタルト戦ではクロノスを常に場に出しておけば問題はありませんでした。
 こちらのレベルは平均20くらい。デモンゲイザーのレベルが20でデモンスロットがみっつに増えるので、主人公だけははやめにレベル20にしておきたいですね。

 とまれ、これで新たなダンジョンが解放されました。敵のランクもあがっているようですが、こちらもレベルはあがっていますから、とんとんですかね。

2014-08-14 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ