ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「デモンゲイズ その7 ネプトゥヌス討伐」

 デモンゲイズもさくさく進めていきましょう。
 まあ途中で更新が滞ってきたらライトノベルとか、映画とかの感想記事で繋ぎますけれども。
 難易度的には世界樹よりやさしめだし、ストーリー性もあるし、なによりテレビ画面でできるので眼が疲れない。
 あんまりゲームばかりやっているわけにもいきませんが、その短い時間でも進めることができるので、ゆとりゲーマーにはいい塩梅です。
 ファンタジーらしいギミックも豊富で、面白いですね。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 明らかに竜姫亭の賞金稼ぎや雑用係に怯えられていることにも慣れつつあった主人公。次の目的地は水の中を進んだ先にある旧市街地。そこにデモンがいるらしい。道具屋のエルフ『レゼルム』の協力のもと水中でも行動を可能にする魔法具を作り、探索を開始する。
 やがて、デモン『ネプトゥヌス』を追い詰めることに成功する。彼女は『ソル様に仕える身』として真の姿となり戦いを挑んできた。ソル様……、ここにきて黒幕らしき名前がでてきたが、まずは目の前のデモンを封印することが先決。
 水中ゆえ水のデモンである彼女にとってのホームではあったが、こちらもデモンとの戦いで鍛えられている。無事に『ネプトゥヌスの魂』を封じることができた。

 終わり。

 今回は水中マップということで、水流を使ったギミックがありました。
 また水中だということで『魔法が使えない』というヒーラーやウィザードにとって最悪なシステムも組まれていました。ただ、そこは攻撃アイテムや魔法に頼らない特殊技能でカバー。

 ボスの『ネプトゥヌス』では、列攻撃がいやらしいですが、もともとそこまで回復が追いつかないほどではないですが、全体回復アイテムをアイテム修練というスキルでニ連続で使ったり、シールドをはったり、ウィザードは手が空いたら特殊技能の無属性範囲攻撃をしたりなど。結構忙しいボス戦でした。

 ただ問題なのは、何ターンかに一回300近くHPを回復してくるんですよね。おかげでこっちはジリ貧の戦いを強いられることになりました。真の姿のパワーアップ+数ターンおきに回復のコンボのおかげで長期戦になり、デモンをやむなくクローズ(帰還)させることにもなりましたし。
 ただまあ、クロノスとヘルメスを連れて行ったので、道中の雑魚狩りではヘルメス、ボスではマルスで削りつつ、クロノスで耐久レースという感じで戦いました。

 レベルはウィザードのリリウムを除いて17。
 主人公は相変わらず集中からの三連撃。サムライは二刀流+強化した刀の2回攻撃+対神属性武器+列攻撃が本当に強い。ヒーラーのアサギもホーリーシールドで防御用の壁張りができるし。加えてパラディンのカナエにもひたすらディフェンスで耐えてもらいました。
 隊列は、パラディンのスキルも考えて前列はパラディンひとりだけ。残り全て後列にしてみました。そしたらあらふしぎ。パラディンに加えてデモン『クロノス』を召喚することで防御役を分業し、後は後列攻撃できるキャラで火力を叩き込むことで、ぱぱっと倒せてしまいました。
 しかし、ネプトゥヌスが仕えていると語ったソル様とはいったい……。

 それとエーテル圧搾機と呼ばれる機械で、武具類の強化が可能になったので、それもできるだけ使用しつつ探索を進めています。これは武具類を突っ込むとエーテルに変換され、それを利用して同系統の武具類を+1強化できるというものです。
 突っ込む武具類はジャンルが同じものであればいいので、ランクの低い『剣』を突っ込んでエーテルをため、ランクの高い『剣』の強化素材とすることができます。これは楽でいいですね。

2014-08-11 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ