ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「デモンゲイズ Global Edition その1 その名はデモンゲイザー」

 デモンゲイズってなにさ。という方のために公式サイトをチェックした私が答えると。
 3Dダンジョン型のオーソドックスなハック&スラッシュ=ダンジョンにもぐり敵を倒し装備を手に入れ、ダンジョンから帰還し装備を整え、ダンジョンにもぐり敵を倒し装備を……。以下ループのゲームだと思います。
 多少の独特なシステムはあるようですが、基本的には3Dダンジョンを攻略しながら、というのがメインですね。ああ、3Dダンジョンというのは真・女神転生のようないわゆる自分の視点で前を見ながら進んでゆくという形式です。
 今では世界樹のほうが有名かな。FPSとは違うんですけれど、マス目という道があってそのマスの上を辿ってゆく、といえばわかりやすいでしょうか。

 さて、このデモンゲイズ。海外でも結構売れたらしく逆輸入されるほどの名作かつとっつきやすい様子。
 ただ最初はTVに対応してなかったので(公式では対応していると書いてあったので)サポートに確認してもらい時を待っていたのですが、ようやくプレイすることができるようになりました。

 舞台は剣と魔法のファンタジー世界。さあ、彼らはいったいどんな冒険譚を見せてくれるのでしょうか。
 それと、ちなみにいっておきます。私はマッパー症候群です(地図を全て埋めなければ先へ進みたくない3Dダンジョンユーザーの病気)。なのでちょっと更新に時間がかかる時がある……、かも。

著者 :
角川ゲームス
発売日 : 2014-07-03


 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 主人公が気がつくと、そこは薄暗い牢獄のような場所だった。なにかの笑い声が響く中、歩みを進める彼は、突如爆風を身に受ける。しかし神は見放さなかった。吹き飛ばされた先に、出口らしき階段を見つけたのだ。最後の足掻きで階段を昇りきると、そこには赤髪に眼帯をした女性が待っていた。
 彼女から、彼を追っているものの正体が『デモン』と呼ばれる化け物であり『コメット』という個体名を持つこと知らされる。そして彼女は古びた剣を手渡してきた。彼はその剣にて暴れ狂うデモン『コメット』を倒すと、その姿は幼い少女のものとなった。さらに女性の指示でコメットをその眼に捉えると、主人公の眼に『コメットの魂』が封印されてしまった。

 さきほどの女性『ランスローナ』に状況を説明をしてもらうため、地下牢の上に建っていた宿酒場『竜姫亭』にてなにが起こっているのかを尋ねる。彼女によれば、主人公は倒れているところを発見され、今まで寝かされていたのだという。しかし、なぜ地下牢に。
 その理由は竜姫亭の管理人『フラン・ペンドール』から明かされた。主人公は、魔を操る『魔眼(デモンゲイズ)』の瞳を持つ『デモンゲイザー』であり、それを危惧したランスローナが一応の処置ということで地下牢に入れたということだった。
 自らが誰なのかすらわからないのに、魔眼を持つものとしての義務を果たせと言われた。それがなにを意味するのか。それがこの世界にとって、吉とでるか、凶とでるか。いまだ誰にもわからない。

 終わり。

 とりあえずはチュートリアル中です。次の記事でようやく初ダンジョンとなります。
 ハクスラ要素も多いのですが、前作と同じようにストーリーも結構絡んでくるようですね(前作は詳しく知りませんが、ストーリー性が高かったようです)。独特なキャラクターが多いし。
 しかし、この手の作品のキャラクターメイクは大好きで、キャラメイクだけでもう数時間経つくらい当たり前なのが怖いですね。

 Vitaでは初の3Dダンジョン作品ですが、まあ基本は同じでしょう。主人公はどうやら後衛系万能型のようなので、まずは盾役のパラディンを仲間に加えました。
 この作品では、仲間を増やすには部屋を借りて家賃を払わなければならないというどこかの大家さんの声が聞こえてきそうなシステムを採用しているのですが、最初のひとりはただのようなので、長い付き合いになりそうな盾役を採用したのです。
 基本的に盾役はいて困る職種じゃないですからね。まずは2人旅をして金銭に余裕ができたら、あるいは厳しくなってきたら3人目をやとってみましょう。3人目は前衛職になるかな。安定のファイターか、一発のサムライかで毎回迷うのですが、今回はサムライで行きたいと思います。少しは和の要素を取り入れたいですしね。

 ああっと、説明を忘れていました。デモンゲイザーとは、暴走しているデモンをまず倒して沈静化させ、魂を封印。フランの協力のもと『デモンの鍵』にすることで、はじめてデモンの力を行使できるようです。
 このデモンの存在が文字通り鍵(キー)になりそうですね。……つまらなかったですか。

 ごほん、では、さっそくダンジョンいってきます。

2014-08-01 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ