ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「Fate/EXTRA その5 2人のマスター」

 「Fate/EXTRA」第4回戦……、の前にちょっとしたタイムです。
 ここからルート分岐があり、EXTRAオリジナルのサーヴァントたちと戦うか、今までの作品に出てきたサーヴァントと戦うかが変わります。
 私としてはどちらでもいいのですが、オリジナルサーヴァントは個々人で興味があったらどうぞ、というわけで。
 今回は今までの作品にでてきたサーヴァントたちと戦うルートを選ぶことにします。あ、あと一応ヒロインの決定でもありますね。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 ユリウスのしかけた盗撮機を視聴覚室に発見した白野は、そこで凛とラニがアリーナで争っているのを目撃する。どちらも記憶のない白野を助けてくれた人だ。この2人のうち、勝ち残ったほうがいずれ自分と……。そう考えていると、ラニが戦闘に負けると判断し『自壊』という選択肢を選んだ。このままでは勝者もただではすまない。画面を眺めていた。
 すると、隣のキャスターが言葉をかけてきた。『助けたいか』と。もちろん『助けたい』。白野は令呪を消費して、ひとまず自壊しそうなラニを助けることにした。ラニのバーサーカーの攻撃を受け止めている間に、凛のランサーがラニの心臓を貫き、自壊するための魔力炉心を抜き取った。

 だが、炉心は自壊するための準備を終えており、コンマの差でラニを救えないか! 白野が諦めかけた瞬間、ラニのバーサカーが間に入り込み、ラニとともにアリーナからの脱出に成功した。最後に理性なきバーサーカーが、白野に穏やかな表情を向けていたような気がした。

 終わり。

 ここからは便宜上ラニルート進行と名づけることにします。
 凛は勝者となりましたので、今度いつかは凛とあたることになりますが、まあそれは先の話。
 目下はラニの容態ですが、アトラス院(詳しくは知りませんが)のホムンクルスだけあって、心臓を貫かれた程度では機能を停止しないようです。
 それでも精神力の消耗は激しく、保健室で静かに休んでいます。しかし、もはや壊れる寸前、といったところでしょうか……。

 さて今回、主人公は切り札である令呪を使ってまでラニを助けました。それは彼が複雑な感情を取り戻し始めたからなのか、あるいはなにかあるのか。それでも、自らの意志で「助ける」という選択をしたことに変わりはありません。
 これからも主人公は決断を迫られることがあるでしょうが、今回の決断が、またひとつ彼を成長させたことでしょう。それが、いいか悪いかはべつとして。

2014-10-20 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ