FC2ブログ
ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「英雄戦姫 天から降ってきた男 その1」

 PCのゲームだった英雄戦記ですが、もとから気になっていたし、続編もでてまして。
 もとのほうの限定版が安くなっていたので買ってしまいました(笑)。よくある地域制圧型SLG+美少女AVGの混合ゲームでしょう。
 登場人物は70人前後で、全員が史実の偉人を美少女化したというこれまたよくある設定ですね。
 こういったSLG+AVGでやっているのはアガレスト戦記くらいかな。あれはシステム面では普通のSLGとは結構違いますけれども。
 後は戦場のヴァルキュリアですけれど、あれもシステム的には面白かったし、ストーリーも良かったですね。
 英雄戦記にも、普通の大戦略や信長の野望などとは違うような要素があるのか。どういったシステムなのか。楽しみですね。

 主人公たちは、東の小さな島国「ジパング」から戦争をふっかけるようです。大陸相手に勝てる要素があるのか、はてさて。ちなみに、私は説明書は読まないタイプです(笑)。



 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 東の島国「ジパング」の小国「邪馬台」の女王ヒミコ。彼女は世界征服という野望のために、とりあえず、幼なじみにして敵視している女将軍「織田信長」の治める国に挑み続けるも、連戦連敗だった。
 今回も敗北し、大雨の中とぼとぼと国へ帰る道中、手練の山賊たちに襲われてしまう。武力もない。智謀もない。なんにもないへっぽこなヒミコ。でも、夢のため、こんなところで死ぬわけにはいかなかった。

 しかし、無情にも矢の雨がヒミコに襲い掛かる。だが、そこへ突如天から武者が現れ矢を全て叩き落した。これを好機とみたヒミコ軍は、攻勢にでて山賊を撃退するのだった。
 ところが、戦闘終了後、謎の武者は倒れてしまう。原因は山賊相手に負ったものではない酷い傷だった。急ぎヒミコは都へ戻り、武者を治療することを決めた。

 終わり。

 チュートリアルもなんにもなしにいきなり戦闘でしたが、とりあえずは導入イベント、ということですね。
 天から降ってきた謎の武者。彼は何者なのか。なぜ酷い傷を負っていたのか。それもおいおい明かされることになるのでしょう。

 なぜか各国は世界征服を目指して着々と準備を整えています。それは信長も例外ではありません。そんな中で、なぜなんにもないヒミコのもとへ強力な力を持った存在が現れたのか。興味が惹かれますね。
 ものごとには因果がある。ヒミコがなんらかの要素を持っていたからこそ、謎の武者(ちなみに男です)が呼び出されたはず。

 はてさて。傷が治ったあと、彼はなにをするのでしょうかね。
 ちなみに、戦闘システム自体は非常に簡単で、マスに兵力を持った駒を配置するのは戦略SLGと変わりませんが、マスの範囲が非常に狭い。
 だから戦闘もちゃっちゃっと終わります。プレイ時間がどこまで延びるかは、まだわかりませんが、世界征服をするとなると、これくらいの簡単なシステムのほうが楽でいいかもしれませんね。

 では、次回をお楽しみに。

2018-04-06 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
好きなことは本を読むこと。
苦手なことはコミュニケーション。

『PS4』ゲームソフトプレイヤー。
『ヴァイスシュヴァルツ』プレイヤー。
『スマートフォンアプリゲーム』ユーザー。

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ