ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

俺に働けって言われても乙HD その2 借金地獄に苦しめ

 というわけで、「俺乙」第二回は、借金に苦しみながら私が四苦八苦する回です。
 とはいっても、この借金は必要経費必要経費。初期投資だと思えばよいのです。……苦しいか。
 とにかく冒険者たちの雇用費用だって馬鹿にならないし、施設の維持費用も馬鹿にはできない。

 で、す、が、返済のめどは立って来ましたよ。ここからが私の腕の見せ所。ゲームオーバーにならないように頑張りたいです。

 以下ネタバレ含む感想。

 前回、アルデバランの村「フォルシティア」の宿屋で大家のリリウム嬢と契約を結び、さっそく冒険者を派遣してみることに。さて、一日にやるべきことは大まかに三つ。「準備」「出撃」「探索」となります。
 「準備」で冒険者たちの装備や予定を組み立て。「出撃」でダンジョンへ。「探索」でダンジョン内部の探索をすることになります。……主人公はみているだけですが。
 とりあえずは、所持金を活用して冒険者を六人雇い、3・3に分けてダンジョン探索をさせることにしました。まずはなんにせよ「施設」を建てて安定した供給を保つことが肝要なはず。補給は大事です。
 素材集めのために「探索」ではアイテム収集をメインに行っています。あとはお金が必要なときには雑魚狩りですね。というか、マジメにお金が貯まらないので焦ってます。

 施設にも維持費がかかりますし、これ結構頭使いますよ。あ、施設には「シナジー」というものがありまして、いわゆる和語での「相乗効果」というやつですね。
 隣接した「施設」の種類によって、これこれこういう効果がでてくる、だとか、よりよい効果を発揮してくれるのです。

 一応そういったことも考えながら「施設」は開発していきまして。
 薬草を生み出す「栽培屋」。攻撃武器を扱う「武器屋」。防具を扱う「防具屋」。アイテム類を扱う「アイテム屋」を二週間かけてようやく建てることができました。
 しかし、いまだに借金が残っていると言う……。ま、まあそれはおいておき、これで冒険者たちによりよい装備を与えることが可能になり、今までたまっていた「マナ(いわゆる換金素材)」も売れるようになりました。

 よし。買ったぞ! この借金地獄、我々の勝利だ!

2017-02-06 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ