ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「PSVita TV」簡易感想

 タイトルとうり、プレイステーション「Vita TV」を買いました。
 今までさんざん買うかどうか迷っていましたが、携帯機を持ち出してゲームをやることがなくなった、というのが動機のもっとも大きなところですね。
 携帯機といえば、持ち寄って対戦したり交換したりすることができるのが魅力ですが。
 私自身、外では携帯電話でのホウレンソウ程度しか電子機器は使いませんのでゲームなんてしませんから。暇つぶしには本を読みますしね。
 だからまあ、対応していないソフトがあっても、PSPとVitaのやりたいソフトができれば買おうかな、という感じでした。結局は買ったんですけれど(笑)。
 ちょうど割引していたっていうのも大きいですね。ちなみに、買ったソフトはこれから記録もつけてゆくつもりです。PSPのソフトが大画面でできるのもいいですね。今までくすぶっていたFate/やヴァルキュリアを進めていけそうです。
 逆にいよいよPS2とPSのソフトがなぁ……。PS2も挙動がおかしいし、PS2のソフトでまだやっていないの結構あるんだけど……。

 さて、VitaTVですが、本体が非常に小さい。メモリーカードはまあ独自規格+高価格なんでまだ取り替える予定はないですけれど、今のところは満足してプレイすることができています。
 ちなみに、予定としてはVitaソフトが3本。PSPソフトが5本となる予定です。だから初期の8Gメモリで十分なんですよね。軽いソフトばかりですし。これから余裕をみて増やすつもりではありますが。

 まあ今回は軽くご報告と言うことで。今後Vitaソフトの記録を書いてゆくことになればより詳しい内容がわかるとおもいます。

著者 :
ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日 : 2013-11-14
 まずVitaが携帯機として出ていたが、正直それにはあまり魅力を感じていなかった。当時はソフトの数が少なかったと言うのもあるし、多少高い価格設定だったように思う。
 しかし、今回のVitaTVは、TVに繋いで大画面でゲームをプレイできるというのが最大の売りであり、バリューパックでは価格も抑え目だったので、購入することに決めた。やりたいソフトが出てきたというのもあるし、今まで買ってきたPSPソフトが大画面で、しかもある程度映像に補正がかかった状態でプレイできるというのは魅力的だった。
 結果、すっかりVitaにはまってしまった。システム面もなかなか面白いもので、ちょっとした時間にでもできるよう工夫されているのもいい。
 携帯機をあまり持ち歩かないというか、外でゲームをすることがないわたしにとってはこれで十分満足できるものだった。
2014-06-08 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ