ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

漫画「Cat Shit One VOL.1 キャット・シット・ワン 1巻」感想

 この物語に続く第0巻の感想記事を上げたが、ようやく第1巻の感想記事を上げることになった。
 ベトナム戦争真っ只中の時代を生きる兵士を描いた作品です。
 今回一巻では、いわゆるホーチミン・ルートの破壊作戦や、ロシアが支援するミサイル発射基地破壊作戦の様子。また取り残された味方の救出任務などを取り扱っていました。
 結構キツイジョークもあって、笑えるんだけど笑えないという不思議な作品ですね。

 ベトナム戦争を、人間を動物に置き換えて描くミリタリー作品。絵柄から分かるように、可愛い系ではなく、結構硬派。
 基本的な登場人物はアメリカ人三人+一人で、彼らの視点で物語は進んでゆく。
 軽妙かつ皮肉の効いたジョークが飛び交ったり、リアルな(といっても実際に知るよしもないが)軍事行動をウサギたちがとるのは面白い。

 いわゆる風刺の効いた作品ということになるのだろうか。なんのために戦うのか。なぜ同じ民族が戦わなければならないのか。
 ベトナム戦争は何も残さなかった。今起こっている各地の争いは、何を残すのだろうか……。
2014-02-09 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ