ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ドラマ「プライミーバル シーズン1 古代への扉」

 ドラマ「プライミーバル」は、ITVとインポッシブル・ピクチャーズの製作した恐竜SFドラマです。脚本担当は、エイドリアン・ホッジス。ディレクターはティム・ヘインズとなります。
 彼らは「古生物時代」を扱ったドキュメンタリー作品を制作していましたが、そのノウハウを活かして生み出した作品ですね。日本では第三シーズンまで放送していました。とりあえず、第一シーズンのあらすじでも。
 気分が向けば2,3、と続けていこうと思います。

 あらすじ。
 イギリス。セントラル・メトロポリタン大学の教授「ニック・カッター」のもとに、大学生の「コナー・テンプル」が謎の新種大型肉食獣出現の新聞記事を持ってくる。
 目撃場所は「ディーンの森」。そこは、カッターの妻「ヘレン」が八年前に行方不明になった場所だった。因縁を感じ、ニックは助手の「スティーブン・ハート」と、コナーに加え、居合わせた内務省の女性「クローディア・ブラウン」、動物学者の「アビー・メイトランド」とともに調査を始めた。
 すると、発見したのは太古に絶滅した大型草食動物と、その動物が生息する何百万年物も前の地球ペルム紀へと通じる「時空の亀裂」。さらに、乗り込んだ亀裂の先で見つけたのは、男性の白骨遺体と亡き妻のカメラだった……。
2015-06-05 : アニメ・テレビ関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ