ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

メダロット 弐CORE ロボロボ団本拠地 その12

 メダロット弐第十二回は、いよいよロボロボ団の本拠地に突入。
 今までもアジトなんだりには行きましたが、ここからはさらに激戦となります。
 登場する雑魚メダロットにも幅広く優秀なものが揃っていて、対抗パーツを組んだメダロットを出さないと決着がつかないこともしばしば。
 とはいえ、こちらは今まで育ててきたメンバーを信じて戦うだけです。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 ヘベレケ博士がセレクト隊に連行されて翌日のこと、ヘベレケ博士はロボロボ団幹部ともども脱獄してしまった。しかも、イッキの友人や、子どもたちに嘘の挑戦状を出して誘拐して、イッキにメダロッ島へ来るようにと要求してきた。
 皆を助けるため、イッキはメダロッ島へ向かう。手柄のためと邪魔をするセレクト隊長を押しのけ、ロボロボ団本拠地へと侵入することに成功したイッキ。

 先にやってきていたスクリューズたちと協力しながら進み、幹部たちを退治してゆく。コウジ、カリンと助け、さらにアリカも救出することに成功するのだった。
 だが、幹部を倒し、子どもたちは助け出したが、これで終わりではない。ヘベレケ博士を止めるため、イッキは先を急ぐ。

 終わり。

 もう総力戦ですね。
 今までの幹部連中や、拠点を守護するメダロット。雑魚たちも飛行から潜水と、バランス良く出てきます。
 このマップでは、通風孔を通ったり、めちゃくちゃな動きになる矢印パネルがあったり、妨害をするいやらしいメダロットとの連戦があったり、と。

 最初の連戦となったスクリューズと協力するのも、面白い展開でしたね。あ、スクリューズは、キクヒメ、イワノイ、カガミヤマのあの三人です。こいつらとも戦うことがなくなりましたねぇ。

 こちらの基本的な方針としては、しゃげきのカブト、こうがく(レーザー)のトータス、まもるのナイトで、変わりません。
 相手によって、アンチシーやアンチエアと入れ替える程度です。

 めっきりかくとう攻撃はしなくなりましたが、装甲の薄い相手にはフレクサーソードが光ります。

2016-11-11 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ