ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

メダロット 弐CORE メダロポリス ロボロボ団アジト編 その7

 メダロット弐第七回は、ロボロボ団のアジトへ潜入調査開始まで。
 ついに正体の片鱗の見せる相手も。
 しかし、あらすじにまとめていますが、主要人物がもれていたり、あんまりうまくいかない……。
 怪盗レトルトや、レトルトレディなんかも今まで何度か出ていますが、省いています。
 まあ、細かいところは実際にプレイしてみてください。拙いあらすじでもストーリー自体は理解できると思うので。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 今まで黙っていたロボロボ団退治のことがアリカにばれてしまい、問い詰められるイッキ。アリカは怒り、メダロポリスへと向かってしまった。
 コウジに、アリカの機嫌を直すためのスクープ情報を訪ねると、子どもの行方不明事件について知らされる。どうやら、家出した子どもがロボロボ団に入団しているらしいのだ。

 探索を進めるイッキは、今まで何度か出会ったメダロット界の権威ヘベレケ博士に再び出会う。しかも、彼に地下のロボロボ団アジトに来いと挑発されるのだった。

 終わり。

 補足
 怪盗レトルト:初登場はプロローグ。メダロット博士と協力関係にある謎の人物。仲間にレトルトレディがいる。イッキの父親に、イッキのためにメダルを渡したりするなど、行く先々で、彼を助ける行動をとるが、果たしてその正体と目的は?
 ヘベレケ博士:初登場はメダロッ島。メダロット界の権威らしく、ロボトルの腕もある。イッキを助けるような行動をとっていたが、今回、ロボロボ団に関係する人物だと発覚する。

 さて、いよいよ敵の本拠地(仮)に突入。手に入れておいたロボロボ団の服を着てスニーキングミッションです。
 場所は地下水道で、らしく、潜水型メダロットを使い敵が多く困っています。潜水型メダロットは回避率が非常に高く、厄介な相手なんですよね。

 ミサイル系パーツは必中武器なので良いですが、それ以外のパーツはおうえんで命中率を上げてやらないとろくに通りません。

2016-09-02 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ