ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」感想

 お兄ちゃん良い人じゃないか……。

 はい、と言うわけで、見てきました「仮面ライダー×仮面ライダー」。ウィザードも鎧武も、お気に入りなので、一度で二度美味しい内容でした。
 今回は過去ライダーはあまりでしゃばらずに、ウィザードと鎧武に注力していたのが高評価でした。もう過去ライダーをとりあえず出しとけ、というのでは、上手くいかないでしょうしね。
 さて、物語としては、本編終了後の完結編となるウィザード編と、外伝(パラレル)になる鎧武編。そして二者が集う合戦編の三部から成り立っています。

 敵役の正体がいまいち不明(目的は分かるけれど、どうしてそこにいるのか、という点で)だったんですけれど、それをカバーできるくらいにアクション面や、登場人物の描写が良くて、気にはなりませんでしたし、楽しめました。

 ウィザード編では、弱さを抱えながらも、希望のために戦い続ける覚悟を新たにする晴人の姿が描かれていました。彼は最初からヒーロー(仮面ライダー)だったわけではなく……。仁藤も相変わらず良いキャラしてる。
 個人的には、今回の映画で最高に楽しめたシナリオ。思い入れが違うし、コヨミとの関係のあり方も良かった。

 鎧武編では、ヒーローになる途中で、まだ覚悟も何もない紘汰が、戦う意味について知って成長する姿が描かれていました。本編もこれからどんどん盛り上がってくるところですし、パラレルとはいえ、期待は膨らみますね。

 ウィザード編と鎧武編の二部(あるいは三部)からなる本作。
 今回、メインとなるのは今の生きる鎧武と一代先輩のウィザード。
 過去ライダーは味付け程度の登場で、個人的には逆にそこが高ポイント。
 過去ライダーばかりに頼っていては、発展はしない。
 戦う覚悟を新たにしたウィザードと、覚悟の字すら理解できない鎧武。
 この二者を対比させながら、徐々に「戦う」ことについての意味を問うてくる作品だった。


 以下ネタバレ含む感想(時間ができたらより詳しく加筆する予定)。

 あらすじ。
 仮面ライダーウィザード 約束の場所
 「操真晴人(白石隼也)」によって、過去に倒されたファントムの力を用いる謎のファントム「オーガ」が出現した。オーガは、晴人を絶望させ、彼の中にいるドラゴンを喰って最強の存在になろうとしていた。
 そのために、「コヨミ(奥仲麻琴)」の形見である「ホープ」の指輪が奪われ、それを利用してコヨミは悪の魔法使いとして復活させられてしまった。
 だが、再び仮面ライダービーストとなった「仁藤攻介(永瀬匡)」や、面影堂に集うメンバーの想いを受けて、晴人は、コヨミをオーガから解放することに成功する。
 その後、見事オーガも打ち倒すことができたが、突如謎の怪人が現れ、仁藤を連れ去ってしまうのだった。

 仮面ライダー鎧武 戦国バトルロイヤル!
 アーマードライダーによるバトルロイヤルが開催されていたが、その場に、突如謎の怪人が乱入してきた。
 鎧武たちの手によって撃退され、逃げ出した怪人を追った先では、仮面ライダーたちが武神(ぶじん)と呼ばれ、群雄が割拠する戦国時代だった。
 鎧武と同じ姿をした「武神鎧武(声:小山力也)」の手によって、武神たちが次々と倒される中、鎧武、バロン、龍玄の三人は、駆けつけたウィザードと協力して、見事武神鎧武を打ち倒すのだった。

 終わり。

2013-12-15 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ