ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム烈火の剣 エリウッド編 終章 その9

 今回のファイアーエムブレム烈火の剣第九回で、本編の記録は終了となります。
 それなりのプレイ時間はかかりましたが、なんとか十回におさまりましたね。
 あとは総評を書いて終わりにしたいと思います。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 莫大なエーギル(生命力)を得たネルガルは、ニニアンを生贄にして竜の門を開いてしまった。
 駆けつけたエリウッドたちは、今まで倒してきた黒い牙のモルフ(人形)たちを退け、ついにネルガルを討つことに成功するが、竜の門から、次々と竜が出現してしまう。
 そこへ駆けつけたのは、ブラミモンドだった。彼の力で、エリウッドが討ってしまったニニアンが蘇り、ニニアンの力で竜が現れるのを阻止することができた。
 最後に残った一体の竜を討ち、ついに、歴史には記されることのない、裏の戦いが終わるのだった。

 終わり。

 いやあ、竜は強敵でしたね……(笑)。エリウッドにとって。
 今回のエリウッドは上手くのびなかったせいで、竜に特攻のデュランダルを持つと追撃されて負けるという結果に。
 結局、リンやラスといった育っていたユニットに、終章のお助けユニットアトスを加えて倒しました。むしろ、竜の前の黒い牙メンバーとの連戦のほうが大変だったような。

 さて、FE烈火。難易度はノーマルでしたが、そこそこ苦労しながら楽しめました。うっかりロストしてやり直す場面も何度かあったりして、今でも安定しないなぁという印象です(苦笑)。
 しかし、これから封印の剣に続くというのもあって、封印をやってからだと、感慨深いものがありますね。

2015-09-14 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ