ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

漫画「それは突然、運命の相手が4」感想

 今回で、「それは突然、運命の相手が」シリーズ完結です。
 全編通して、あっさり明るめに描かれていたので、気楽に読んでゆく事ができました。
 ただ、内容としては面白い設定ですが、もうちょっと発展できないかなぁ、という感じでしょうか。

 シリーズ完結。今回のアベックは、一巻まるまる使って描かれていた。
 難しく考えることなく読める作品だけれど、今回はさらに簡潔に書かれていて、内容は薄い。
 両親が不和ながら、相性最高の通知が来てしまう、という流れが活かされていなかったように思えた。

 それでも、息抜きに程よい量で、楽しませてもらったので満足した。


 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 ケース4「従兄妹」
 それぞれレストランと旅館を経営する両親は不和だが、それなりに仲良く話すことができた従兄妹二人。どうにか両親を仲直りさせられないかと苦心することになった。
 そこで、息子娘の二人が、共通の敵になることで、両親の手を結ばせようとする作戦を実行することにした。
 そうして、駆け落ちをした二人だったが、短期間ながら得るものは多く、やがて自立してゆくのだった。

 終わり。

 結局、問題解決していないじゃん!
 従兄妹の妹の方が、実家の旅館から勘当され、兄の家に身を寄せることになるのですが、その後の旅館がどうなったのかが描かれていないので、いまいち不安が……。
 恐らく、二人の関係の変化から、仲直りはできたようですが。
 そういった部分が省かれて、駆け足気味に書かれていたので、ちょっと物足りないなぁという感じはありました。

 それでは、感想を終えたいと思います。

2014-12-12 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ