ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

スーパーマリオRPG プロローグ~ケンゾールと対決 その1

 今回プレイしてゆくのは、スーパーファミコン用ゲームソフト「スーパーマリオRPG」です。
 1996年3月9日に任天堂とスクウェアでの共同開発によって生まれた作品で、マリオのアクション性とファイナルファンタジーなどのRPG要素が上手く混ざった名作だと思います。
 どこかコミカルかつシュールな部分もあって、気安くプレイできるのも高評価。

 今ではヴァーチャルコンソール版もあるので、手に入れやすいのも良いですね。私がやるのはカセット版なので、予期せぬデータ消失などがあった場合、そこで記録は終了になる恐れもあることをご理解ください。

 また、どれくらいの長さできれば良いか分からないので、きりの良いところで次回に回します。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 今日も今日とて、懲りずにピーチ姫を誘拐したクッパだったが、マリオに阻止される。だが、突如、クッパ城に、巨大な剣が降ってきて、マリオとクッパは吹き飛ばされてしまった。
 「カジオーさまがこのワールドを支配する」と宣言した剣のことを、キノコ城の大臣に知らせるため、キノピオとともに向かったマリオ。
 大臣に報告すると、どうにかクッパ城を解放してピーチ姫を助けるため、マリオは旅に出ることになるのだった。

 と、旅立ちの前に、城下町で出会った、ケロケロ湖から来たカエル(には見えないが)の「マロ」が、ワニの「クロコ」に盗まれたコインを取り戻す手伝いをすることになった。
 クロコからコインを取り戻すことに成功して、今度こそ旅立ち、と思いきや、キノコ城にカジオーの手下「ケンゾール」が襲撃してきた。

 これを撃退したマリオは、謎のアイテム「スターピース」を手に入れる。果たして、カジオーとは? この星の欠片には、どんな意味があるのか?
 まずは情報集めのため、物知りだというケロケロ湖の、マロの祖父を訪ねることにしたのだった。

 終わり。

 この時点でレベルは7で、苦労することなく一面ボス(?)ケンゾールは突破できました。
 ケンゾールはバネのような敵で、ボスらしくHPが高いところを除けば、危なげなく倒せました。

 マリオたちは、フラワー(いわゆるMP)を消費して、スペシャル技として、ジャンプやでんげきビリリなどといった技が出せるのですが。
 マリオは装備品としてハンマーを持っているので、通常攻撃。最初の仲間マロは、全体攻撃のでんげきビリリで援護という形で戦いました。
 どちらかというと、クロコ戦の方が苦戦したかも(笑)。

 またレベルアップする際には、ボーナスとして各種能力を上げることが可能なのですが、マリオはバランス良く、マロは魔法攻撃を高めに上げています。

 さて、スターピースというキーアイテムを入手したので、今回はここで終了。
 次回はケロケロ湖に向かうまでです。

2016-03-07 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ