ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「劇場版 イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来」感想

 今回取り上げるのは、2010年公開の映画「劇場版 イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来」です。
 もともとはゲームで、アニメ版のほうはずっと見続けて来ました(GOは途中で見るのをやめてしまいましたが……)。
 このオーガ襲来は、いわゆる一期(フットボールフロンティア編)からの映画化となります。

 映画版は今まで見逃していたのですが、結構面白かったですね。フットボールフロンティアの総集編+αと言ったほうが近いかもしれませんが。

 まさに超次元サッカーといった感じだった。
 でも、そこが良い。サッカーで心を通わせて、仲良くなって。昨日の敵は、今日の友、というのが、見事に当てはまる。

 イナズマイレブン一期は一番好きな内容だし、熱血なんだけど、皆が困っているときに的確な助言をする円堂も好き。
 久しぶりに、小さい円堂たちが頑張って動き回っているのが見れて、嬉しくなった。


 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 「雷門中学校」に、「円堂守」という少年が入学した。サッカー好きな彼は、学校にかけあってサッカー部を復活させることに成功する。だが、部員は集まらない。練習する場所はない、予算はない。
 何もできないサッカー部は、あるだけ無駄だと、学校側から再び廃部の提案がでてしまう。一応の条件として、サッカー強豪の「帝国学園」との練習試合に勝てば、存続を認めるといわれた。

 試合前に、ようやく十一人揃った円堂たちは、凄腕のストライカー「豪炎寺修也」の助力もあり、帝国が試合放棄という形になり、サッカーを続けることができるようになった。
 団結した雷門サッカー部は、全国大会「フットボールフロンティア」の優勝を目指して、サッカーに打ち込んでゆく。

 だが、サッカーの存在を消し去りたい未来人が、フットボールフロンティア決勝戦に、戦闘集団「オーガ(王牙学園)」を送り込んできた。その強さに、なすすべなく傷ついてゆく雷門イレブン。
 そのとき未来人「円堂カノン」が、未来の雷門に関わるサッカー選手たちを連れて現れた。これを受けて再起した雷門イレブンは、苦戦するも心をひとつにして、試合に勝利した。

 オーガのメンバーにも、戦う勇気を持つ大切さを教えた守たち。雷門イレブンの優勝で、舞台は終わったのだった。

 終わり。

 前半は一期のおさらいで、後半になってようやく劇場版の内容が始まります。
 未来人は、サッカーなどのスポーツマンシップが、軟弱な人間を多く生み出した。だから消す。とオーガを送り込んできました。
 それを円堂は、大切なのは、優しさ、戦う勇気を持つこと、と抵抗して、サッカーを捨てろと迫ったオーガをはね退けることに成功した、ということです。

 最初の悪役だった頃の帝国や、ゼウスなど懐かしい面子が見れて嬉しかったですね。アフロディも、どうやって勝つのか不安に見ていた記憶があります。
 しかし、この頃に比べると、影山さんも、丸くなったよなぁ(笑)。

2017-04-21 : 映画関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ