ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

小説「いい加減な夜食1」感想

 「いい加減な夜食」は、アルファポリスからレジーナブックス。作者は「秋川滝美」氏です。
 恋愛小説、で良いのかな? 大企業総裁をしている完璧な男性と、その好意に気づかない後ろ向き思考な女性との恋愛模様です。
 道中は、そこまで甘くありません。誤解によってすれ違って、そこから和解してくっつく、といった内容のためです。しかも、ヒロインは強いマイナス思考の持ち主なので、素直にならないので、余計に。
 それがラストでくっついて、お互いの気持ちをぶつけて、そこからは甘い(笑)。

 設定も良く練られていて、最後まで感心しながら読むことができました。ただし、話の展開のために時間を飛ばしている場面が多く、もう少しゆっくり進んでくれても良かったかな、と思いました。

著者 : 秋川滝美
アルファポリス
発売日 : 2012-10
 完璧な財閥総裁の男と、彼に見初められた苦学生の女との恋愛物語。
 夜食を通じた、一般人女性のシンデレラストーリーなのかな、と、タイトルから予想していた内容とは異なり、素直になれない二人の関係を描いていた。

 文章は三人称で、読みやすく、上流階級の雑学などもあって、感心しながら読み進めることができた。
 ひとつ、気になった点としては、ヒロインが、あまりにも後ろ向きすぎることだが、それも、彼女の状況や性格を考えれば、仕方のないことなのかもしれない。

 ヒロインは健気だし、ヒーローは俺様系なのに可愛いし、人物に魅力がある。道中散々にしてくれるために、くっつくとこちらも嬉しかった。
 二巻も出ているので、読みたいと思う程度には気に入った。


 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 両親がおらず、大学三年の苦学生「谷本佳乃(たにもとよしの)」は、ハウスクリーニングの仕事で、原島家に行っていた際、当主の「原島俊紀(はらしまとしき)」のため、必要があって夜食を作った。
 すると、いたく佳乃の料理を気に入った俊紀に、脅迫紛いの方法で、専属夜食係として雇われてしまった。しかも、一年経って、いざ就職というときに、再び理不尽な方法で、家政婦(管理人補佐)として、さらにしばらくしてから、今度は、私設秘書として、俊紀に雇われることになった。

 俊紀直轄だということで、会社でも、さまざまな仕事を与えられるが、佳乃は、なんだかんだで完璧に仕事をこなしてゆく。そのうち、徐々に俊紀に恋心を抱いてゆく佳乃。しかし、彼は、最長六ヶ月で、何度も女性を捨てていたことから、気持ちに蓋をして、仕事だけの関係でいようとしていた。

 だが、俊紀は、本気で佳乃を好きになっていた。彼女をそばに置いておきたいために、拘束する俊紀だが、言葉で伝えないために、佳乃には一時的な愛人としか認識されていなかった。
 いい加減に焦れた俊紀が、だまし討ちのような形で、(佳乃のためでもあったが)結婚のための書類にサインさせた。
 結婚はしたが、俊紀の隣に立つためには、完璧でないといけない、と自分を追い詰める佳乃に、俊紀はようやく愛の告白をした。お互いの気持ちをぶつけ合い、ようやく、夫婦になれたのだった。

 終わり。

 夜食は全ての原因ではありますが、そこまでメインではなかったです。

 佳乃は苦学生だから一般人かな、と思いきや、旧家の出身の母親と、研究者の父親を持ち、豊富な知識と高い素質を持つ人間。なんでもそつなくこなす佳乃には驚きました。
 しかし、自分を過小評価するきらいがあり、俊紀の気持ちに気づかないふりをして、私なんて……、と。

 そして、俊紀は財閥の総裁で、常に完璧に物事をこなが、それがゆえに追い詰められていた。が、佳乃という存在を手に入れて変わった。

 というような具合で、二人は相思相愛です。
 社会的強者の俊紀、いい加減料理をはじめとする一般人の感覚を持つ佳乃。案外、そんな二人だから、お互いに足りないものが補えたのかもしれませんね。

2014-04-06 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ