ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

黒い瞳のノア Cielgris Fantasm ノアの旅立ち その1

 新年一発目になります。まだ年度は変わりませんが、皆さんはどんな年を過ごしましたか。私は持病が悪化したりして大変でした。ま、それはさておき。
 今回プレイするゲームは、ちょっと時代をさかのぼって、1999年のガストから発売の、PS用ソフト「黒い瞳のノア Cielgris Fantasm」です。とても好きなゲームです。今はPS3のゲームアーカイブスでも出ているのですが、私はPS版から持っています。

 ジャンルはRPGで、魔獣と呼ばれる敵クリーチャーを捕まえて、仲間にして育ててゆくのが特徴です。また、合体や進化などもあって、ポケモンよりは女神転生に近いと思います。
 エンディングも複数あって、私は何度もプレイして、さまざまなエンディングを見ています。ガストらしく、慣れるまでは、結構シビアな部分もありますが、基本的には簡単なものに入ると思います。

 というわけで、ハッピーエンドでのクリアは、簡単です。ですが、特に縛りもせずやります。せっかくの息抜きで疲れちゃったら、元も子もないですし。



 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 とある村に住む、ごく普通の娘「ノア」。ある日、友人の「ディスティーン」に誘われ、滝に遊びに行ったが、ノアが偶然、「魔神」の封印を解いてしまい、ディスティーンは石になってしまった。
 ノアは、魔神の気紛れで生き残るが、どうすれば良いのか途方にくれていた。すると、そこに、かつて魔神を封印した大地の女神ニルが現れる。

 ニルから、魔神の話を聞いたノアは、ディスティーンのためにも、魔神を放っておくことできず、魔法の力を授かって、魔神を倒すための力をつける旅に出ることを決める。唯一の肉親である父、バロンに別れを告げて。
 最初の目標は、神官「デュラン」を探すこと。ノアは、先の見えない旅に出るのだった。

 終わり。

 「ゴブリン」と「アメーバ」の魔獣を手に入れ、また魔法もいくつか覚えました。
 このゲームでは、魔獣はレベルアップで魔法を覚えますが、主人公ノアが魔法を覚えるには、魔法屋で買う必要があるのです。
 ですが、お金は戦闘では手に入りません。魔獣を捕まえて売る、酒場で依頼をこなす、などの方法でお金を得ます。

 なので、序盤は酒場での依頼をメインでこなしながら、魔獣を集めて育て、魔法を集め、ダンジョンに挑むといった感じになります。
 ハッピーエンドまでの日数制限があるので、できるだけ急ぎながら、余裕を持ってクリアしたいですね。

2015-01-02 : ゲーム関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ