ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「グーニーズ」感想

 映画「グーニーズ」は、子どもたちの冒険を描く、1985年のアメリカ映画です。
 海賊が残した財宝を目指す中で、成長してゆく子どもたちに注目。
 くすりと笑えて、ちょっとハラハラ、おいおい! と突っ込みながら楽しく見れる映画。

著者 :
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 : 2010-04-21
 昔に何回か見た記憶がある。内容は、子どもたちが、海賊の遺産を目指して冒険するというもの。

 冒険ものとしては、非常にスケールが小さい。国家をまたいで宝探しもしないし、凶悪な敵も登場しない。
 あくまでも、ご近所で起こる騒動といったところ。
 だが、だからこそ面白い。わーきゃーと子どもたちが騒ぎながら、探検して宝を見つけるなんて、ロマンだ。

 笑いながら、安心して見れる作品。


 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 アメリカのとある田舎町。銀行が借金を理由に、住民を立ち退かせてゴルフ場を建設しようとしていた。
 借金をなくせば、立ち退きを回避できると考えた子どもたち、「マイキー(ショーン・アスティン)」、「マウス」、「データ」、「チャンク」の四人は、宝の地図を頼りに、財宝を探すことにした。

 犯罪者フラテリ一味との追いかけっこの末、ついにウイリーの海賊船にたどり着き、持ち帰った財宝で、銀行を黙らすことに成功するのだった。

 終わり。

 ※タイトルにもなっている「グーニーズ」は、子どもたちが考えたグループ名。「おめでたい仲間」の意味。

2016-05-30 : 映画関連 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ