ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

仮面ライダー バトライド・ウォー クロニクル7 その21

 長かった仮面ライダーたちの戦いも、第二十一回目にして、とうとう終わりを迎えました。
 なんだか、終わってしまうのがもったいないような、無事に終えて嬉しいような。
 最後に向けての盛り上がりは凄かったと思います。作品人物のやり取りを楽しむキャラクターゲームというジャンルになるのでしょうが、そういったゲームでここまで楽しめたのは久しぶりかもしれません。

 それでは、次回、総評で記録は終了となります。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 仮面ライダーたちと、蘇った怪人、操られてしまったライダーとの間で、総力戦が始まった。しかし、その戦いの最中、カナリアがカラスに捕まってしまう。
 カナリアを救うため、もとの世界に帰るため、仮面ライダーディケイド撃情態となったカラス、そして彼が完成させたムネモシュネとの最後の決戦が始まった。

 そうして、戦いの結果……、仮面ライダーたちは、ついにムネモシュネを破壊し、その呪縛から解き放たれた。それぞれがいるべき世界へ、それぞれの戦いの場へと、去ってゆくのだった。

 終わり。

 終わった! 終わってしまった……。
 盛り上げに盛り上げて、最後は救いのあるラストで良かったと思います。
 「お父さんとお母さんが起きなさいって。仮面ライダーが、頑張れって応援してくれたんだ」と翼くん(カラスとカナリアの息子)が目を覚ますところでは、思わずうるっときましたよ。
 予告編で聞いた台詞ですが、ここまでやってから聞くと、感慨もひとしおですね。

 原作を再現したステージの数々も良かったですが、それ以上にオリジナルのクロニクルストーリーが良かったです。ライダーたちのくすりとするやりとりや、それぞれの個性が感じられる言動など。

 今回のミッションは、ボス敵との連戦でしたが、今まで鍛えたファイズの力で、無事に突破することができました。

 では、これ以上の感想は次回の総評に回しましょう。今回は、ここまで。

2013-08-29 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ