ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

docomo「Xperia A&dtab」感想

 いつもの記事ジャンルとは異なり、今回は、スマートフォン「Xperia A SO-04E」とタブレット「dtab」を今まで使ってみての感想になります。せっかく買ったし、記録になるかなと思いまして、書くことにしました。
 私の使う契約電話会社はdocomoで、機種ごとのメーカーは、Xperia AはSONY製、dtabはHuawei Technologies製となっています。

 まず簡単な感想から。
 どちらも、一般人である私が使う分には十分な性能を持っていると感じました。動きは悪くないどころか、当然ながらiモードよりもはるかに快適。
 Xiには高速通信の接続限度がありますが、家ではwi-fiとして使い分けていますので、今までのデータ通信量を見ても余裕はあります。
 そしてdtabはwi-fi専用なので、余分な契約は必要なく、大画面で映像やアプリケーションを見ることができます。パソコンを持たなくても、wi-fi環境、あるいはデザリング(スマートフォンを介してwi-fi接続をする)があれば、どこでも使えます。

 外では、連絡以外にはあまり携帯電話をいじるタイプではなかったので、気になる電池の減りも激しくないですし、とても満足しています。

 以下詳しい感想。

 Xperia Aは今のところの最新機種で、お兄さんにXperia Zがいます。私も最初はZを買うつもりだったのですが、待っている間にAが発表されたので、変更してAを買った形になります。

 ZとAの違うところは、見た目では、本体、画面のサイズと、意匠になりますね。Zは5.0インチ、Aは4.6インチになります。また意匠は、Zがガラス背面だったのに対して、Aは、なんて言えば良いのか、滑りにくいさらさらした仕上がりになっています。

 以上を気にして持ち比べてみましたが、AはZに比べて、持ちやすく、片手でも扱いやすい印象。逆にZは、電話するのにもちょっと大きさが気になる感じでした。
 もちろん、ここら辺は慣れでしょうけれど。画面サイズはやっぱり大きいと違いますが、4.6でも十分と言えば十分です。

 映像は、ブラビアエンジンというSONYの技術力で、店頭で並んでいるスマートフォンの中でも映像の美しさは際立っているように思います。もちろん、刷り込み効果ということも考えられますが、素人目でも鮮やかさが違うように見えました。

 また内蔵のスピーカーの音質も綺麗で、WALKMANアプリも多用しています。移動中なんかにはbluetoothのスピーカーで、コードの絡まりを気にせず音楽を聴くことができます。
 WALKMANには、音楽データを検索して、ジャンル(朝に聞く曲、リラックスする曲、夕方に聞く曲など)ごとに選別してくれるのがグッドでした。
 アルバムごとにプレイリストを作るのも良いですが、これならシャッフルしてさまざまな曲を楽しむことができます。

 さまざまな機能をもっていますが、これらを使っていても、本体の発熱はあまりないように思えます。
 さすがにゲームアプリ(私が持っているのは、そこまでスペックを要求しないものですが)を起動していると、それなりに温かくなるように感じますが、それも許容範囲でしょう。

 なにより、Xperia Aは、感覚的に扱うことができるユーザーフレンドリーな設定、デザインで、私のようなスマートフォン初心者にはオススメしたい機種でした。

 次の「dtab」。こちらはいわゆるタブレットというもので、なんと説明すれば良いのか分かりませんが、電子書籍用の端末をさらに高性能にしたもの、という感じでしょうか。
 ようするに、携帯電話としてではなく、インターネットブラウザ、ビデオ鑑賞、電子書籍リーダーなどといった娯楽作品に親しむための端末という具合だと思います。

 昨今の端末は、それ単体でも電話会社の回線に接続できるものもあるのでしょうが、私が今回買ったdtabは完全にwi-fiオンリー。その分安くなっていて、スマートフォンを持っているなら、dtabとの抱き合わせで十分だと思います。

 基本的なシステムとしては、やはりdマーケット(docomoのストア)や、playストア(グーグルのアプリケーションストア)などを活用する形になるでしょうか。

 私はdビデオ(映画・ドラマ作品を月額契約で見放題)を契約しているので、そちらの使用がメインですね。
 仮面ライダーはキバまでしかないので、これから追加されるのに期待ですが、それ以外にも、Dr.HOUSEやジュラシックパークなどもあって、暇な時間にダウンロードしておいたビデオを見るのに使っています。戦隊ヒーローもでないかなぁ。

 ゲームアプリケーションはインストールしていないので、どれだけ使えるかは分かりませんが、普通のスマートフォンと同様に動くのではないでしょうか。

 セットで安い買い物だったので、十分かな、という感じですが、内臓メモリが8Gしかないので、これから使っていくと圧迫するかなぁとちょっと不安。ビデオ作品は1Gいかないので、複数保存は大丈夫ですが。

 正直に言って、一般人であればスマートフォンさえあれば、タブレット端末も高性能なものを買う必要はないと思います。dtabは機能を絞り込んでいるので、使いやすくなっているところもあるでしょうから。
 10.1インチは意外と大きいので、読みやすいし、発色も悪くないので、気軽にタブレットを使いたい人には合うかもしれません。

 個人的な感想としては、X peria Aは高性能と使いやすさを両立したハイスペックな型、dtabは使い勝手と安さを意識したバランス型という感触でした。

 Xperia Aとdtab。久しぶりの大きい買い物でしたが、それに見合った価値を見出すことができました。
 ちなみに、dビデオにある作品は、新しいものは二年ほど前の、古い作品はそれなりにある。という感じですので、映画やドラマ好きな人にはオススメできますが、自分の見たい作品があることを確認してからのほうがいいですね。

2013-06-04 : 日常 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ