ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

仮面ライダー バトライド・ウォー アギトの記憶 その14

 仮面ライダー第十四回は、アギトステージ。
 クウガと似通った世界観で構築されながら、さらに進化させてきた作品です。
 必殺技の発生で、アギトの紋章が浮かぶところが好きでした。
 しかし、ライダーは何度も記憶をなくしちゃうなぁ(笑)。あと、無口だった印象がありましたけど、結構喋りますね。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 アギトの記憶の世界に入ったファイズは、G3-Xを打ち破り、アギトの記憶を呼び覚ますことに成功する。
 そしてアギトは、宿敵「水のエル」を打ち倒し、完全に復活するのだった。

 終わり。

 ファイズでアクセルフォームになってから、グランインパトを敵に叩き込むと、ゆっくり吹き飛んでゆくので、そこからクリムゾンスマッシュで追撃するのが楽しくてたまらないです。

 さて、アギトの操作感ですが、体力の多いパワータイプといった印象。
 基本となるグランドフォームは、まあまあ使いやすい。必殺技はどれもタメを必要とするので、コンボが途切れてしまいますが、その分威力は高く、ガードも崩せます。
 別フォームだと、現在解禁されているフレイムフォームは威力と攻撃範囲が広く、雑魚殲滅に役立ちます。
 そしてストームフォームは、攻撃範囲の広さと必殺技によるコンボ稼ぎの優秀さから、挙動の遅さをカバーするのに役立ちます。

 超必殺技を使うと、シャイニングフォームとなり、シャイニングカリバーを用いた広範囲、高火力の技が使用可能になりました。

 これからフォームが解禁してゆくことも考えれば、状況に応じて臨機応変に戦うことのできるライダーだと思います。

2013-08-12 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ