ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

仮面ライダー バトライド・ウォー ディケイドの記憶 その6

 仮面ライダー第六回は、ディケイドステージ。ライダーが集まるという点では、バトライド・ウォーの前身ともいえるかもしれないディケイドですが、はてさて、どんなキャラクターになっているのか。
 今回のステージで、とりあえず五人の仮面ライダーを目覚めさせ、使えるようになりました。まだまだ残っているので、ゆっくり楽しんでやろうと思います。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 ディケイドの記憶の世界に入ったファイズは、ディケイドの記憶から生み出されたクウガ、ディエンドを打ち倒し、記憶を呼び覚ますことに成功する。
 そして、ディケイドは「ホースオルフェノク」「乱れ童子」「カッシスワーム」などの怪人と、大ショッカー幹部「スーパーアポロガイスト」を倒すことで、完全に復活するのだった。

 終わり。

 仮面ライダーの特別企画として放映されたディケイド。平成ライダーたちの世界を回りながら、彼らの力を受け継ぎ、怪人と戦うディケイドが主役ですね。
 今までもカードで変身することはありましたが、姿かたちを完璧に変えて、過去のライダーを再現するというのはなかなかに独特で、面白い作品だったと記憶しています。

 さて、そんなディケイドの特徴は、なんといってもカメンライド。準備でカードを最大三枚まで選ぶことが可能で、三人の異なるライダーに変身することができます。
 変身することで使えるのは、各ライダーの三角と丸ボタンの固有必殺技のみですが、出が早い必殺技を持っているライダーを一人入れておけば、コンボをつなげてゆくのにも重宝しそうですね。

 ディケイドの必殺技では、アタックライドスラッシュが使いやすい。ディメンションキックも、飛び出したカードが当たれば拘束して攻撃できるので、なかなか扱いやすいキャラクターだと思います。

2013-07-05 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ