ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

小説「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3」感想

 さくっと読み終えちゃいました。案外ページ数が少なかったけれど、きちんと物語をおさめてくれていて良いですね。限定版(のおまけのイラスト集)は、本編を気に入っているなら買っても良いと思います。
 今回は主人公ベルが弱い自分からまたひとつ脱皮するというお話。これにて第一部終了ということで、今後、果たしてヒロインと結ばれるのか……? ハッピーエンド至上主義なので、是非ベルくんには幸せになってもらいたい。

 かつて祖父から聞かされた英雄譚に憧れるベルくんの成長物語が、とうとう序章終了といったところでしょうか。ヘスティアも、一貢目、と言っていましたしね。
 今までは早熟するステイタスに助けられていたベルが、アイズから、体術も織り交ぜた、ぎりぎりで攻撃を避けながら反撃する技術も教わり、また一歩成長したということでしょう。

 アイズに、ギルド嬢エイナに、酒場のシル、サポーターのリリと、女神ヘスティア……、あれ、女性との出会いを求めてダンジョンに入っているはずが、もう相当出会っているのでは?

 と、思うところもありますが、ベルくんはどうやらアイズ一筋の様子。これが惚れているからなのか、単なる憧憬の延長なのかは分かりません。ようやくレベル2に到達したといっても、アイズはレベル6。まだまだ先は長そうです。

 想いが続く限り早熟するスキル憧憬一途が今後とも役に立ちそうですね。しかし、この成長速度を保っていけるかは分かりません。もしかすると、どこかで挫折を味わうこともあるでしょう。

 それでも、女神フレイヤが語るように、ベルには透明な純粋なまま育って欲しいです。人を疑いながら生きてゆくよりも、人を信じて生きて行くほうがずっと素敵ですから。
 もちろん、これからも、人の汚れている部分を見せ付けられることもあるでしょうが……。頑張れ! と素直に応援できる可愛い主人公です。

 頑張れ!
2015-11-30 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ