ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「舟を編む」感想

 本日二つ目の記事更新です。

 映画『舟を編む』を見てきました。せっかく原作本も読んだんだし、見るしかないでしょ、ということで。
 内容としては、映画的な見栄えのためにところどころで変更されている部分もありましたが、十分及第点だったでしょう。爽やかな青春映画のようでした。
 元の作品にもあったユーモアがきちんと活かされています。ただ、全体を通して、うわっと盛り上がる場面がなく、やや淡々と進むので、そういった作品に慣れていない人には退屈かもしれません。
 それでも、役者さんたちの演技もはまっていて、「今を生きる言葉」「辞書づくり」という主題がきちんと描けていたと思います。
 メインキャストは。
 「馬締光也(松田龍平)」「林家具矢(宮崎あおい)」
 「西岡正志(オダギリジョー)」「岸辺みどり(黒木華)」
 となっています。また、今夜の「嵐にしやがれ」では松田龍平さんがゲストとして参加しています。

 原作とは微妙な差異があるものの、私としては許容範囲。
 メインとなる「馬締(松田龍平)」の性格も少々手が加えられているけれど、上手くまとめたと思う。
 短い時間に収めなければならないので、それぞれのストーリーを少しずつ削ってしまわなければならなかったのが残念だ。
 「文字」というものを、より身近に感じることができた作品だった。


 原作本もどうぞ。原作小説の感想は、こちらから(リンク)


 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 辞書編集部に引き抜かれた青年「馬締」の、辞書作りの苦悩と、とある女性への恋愛模様を描く。
 詳しいあらすじは、原作小説のほうでどうぞ。

 終わり。

 原作は、馬締、西岡、岸辺の三人の視点から描かれていましたが、本映画も基本は同じ。
 しかし、最後の登場になる岸辺の視点が短くなるのは当然ですが、西岡のエピソード(とある女性との結婚や苦悩)は、馬締の話の間に挟まれる形となり、より馬締くんが主人公らしくなっています。
 それらの変更点は、好ましい結果に終わったと思います。

 原作ではさっくりと成功に終わった馬締の恋愛ですが、今回は家具矢(かぐや)との関係がより詳しく描かれていて、あの難しい漢字だらけの恋文に関する反応も正反対。
 原作では、落ち着いて「あれ、やっぱり恋文だったんだ。もう、読めなかったよ」という感じでしたが、映画だと「読めない手紙を書いて、嫌味なの!」とやや激昂気味という具合。
 内容も修行している店の大将に読んでもらっていましたからね。

 だから、ちょっと家具矢さんのイメージが変わりましたね。映画だとより身近な存在に感じました。ちょっと評価が分かれそうですけれど。

 また荒木さんや松本先生も映像化することでより分かりやすく、辞書作りに関わってきたことが描かれていたのも良かったと思います。きちんとエクレアも出ていました。
 原作本では、あの三つのエクレアのくだりが一番悲しく、また心残った場面でしたから。

 さて、そのような感じで「言葉」の大切さを訴えてくる良い作品だったと思います。必死になって言葉を集めようとする彼らのひたむきな努力は、心に響きました。
 映画だけでも、十分面白いと思います。けれど、小説のテンポの良い文体もなかなかに良いので、是非読んでみてください。

 「辞書」に込められた想いを感じ取れるか。

2013-04-13 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ