ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「最強のふたり」感想

 久しぶりに旧作の映画感想。
 今回見たのは、2011年のフランス映画『最強のふたり』です。劇場で見たかったのですが、近場ではやっておらず、DVD待ちとなりました。
 多少の改変はありますが、内容は実話に基づいたというものだそうです。なんでも結構なヒットになったとかで、心待ちにしていた作品でもありました。

 「笑い(コミカル)」をメインに押し出すことで、どうしても重くなりがちな作品テーマを爽やかに、おしゃれに仕上げている。
 健常者と身障者。貧困の黒人。富豪の白人。何もかもが正反対な二人が、本音で語り合う仲になる。
 人生をよりよくするのは、(心の上で)対等の存在を得られるか、否かだと教えてくれた。

 身障者を見世物にするんじゃなくて、全編通して、本当に自然に作られているのが見事だった。
 フィリップ(身障者)の立場から考えると、酷なんじゃ? と思うようなシーンもあったけれど、たぶん、彼はそれ以上にドリス(介護者)に心を許していたんじゃないかと思う。


 以下ネタバレ含む感想

 あらすじ。
 無職で荒れた暮らしをしていた黒人男性「ドリス(オマール・シー)」は、不採用証明による失業手当目当てに訪れた、白人男性「フィリップ(フランソワ・クリュゼ)」の介護者面接で、なんと採用される。
 目的の失業手当を貰えず、母親から勘当されたこともあって、しぶしぶドリスはフィリップの介護者になることを決めた。ドリスは、やったこともない介護の仕方を学びながらフィリップの世話をすることになる。

 なぜフィリップが前科もある乱暴者のドリスを採用したのかというと、ドリスが、首から下が動かない彼に対して同情する気配をみせないからだった。もう同情されるのにはうんざりしていたのだ。

 一貫して態度を変えずに世話を続けるドリス。フィリップは笑顔を浮かべることが多くなり、やがて、二人の間に奇妙な友情が芽生えることになる。
 しかし、ドリスの弟が、彼を頼ってきたことで、状況は変わる。フィリップはドリスに、「君はこの仕事を続けるべきじゃない。家族が待っている」と告げる。
 そうして、一度は仕事を辞めたドリスだったが、その後に雇った介護者とうまく行かず荒れるフィリップの前に、再び現れる。
 かつてフィリップから盗んだ(亡くなった彼の妻から送られた)卵の美術品を返し、フィリップの長年の文通相手だったエレオノールとの食事をセッティングして、去ってゆくのだった。

 終わり。

 作中で、彼ら(ドリスとフィリップ)が笑うとこっちも笑みがこぼれる、そんな温かい作品だった。簡易感想でもあるように、とても自然体。
 身体を動かさずに、表情だけで感情を伝えるフィリップと、大仰な身振りで感情を伝えるドリス。そのどちらも、良い演技をしている。

 ストーリー前半で、ドリスは(性格の)悪いやつだ、と思う人がどれだけいるだろうか。ドリスは悪人か? いいえ、全く、そんなことはない。彼は表面上、悪人ぶっていても、根っこは優しく、他人を偏見なく思いやれる人なんです。

 だからこそ、フィリップに対して、ずうっと態度を変えず、自然体で接し続けることができた。どんなに嫌なことでも、きちんと与えられた仕事をこなし、それだけでなく、積極的にフィリップが楽しめるように行動している。
 だから、フィリップにとっても、上辺だけの綺麗ごとを述べるだけの人間より、よほど信頼できる存在だった。そして周りの人からも、どこか憎めない存在として認められていた。

 ドリスは、フィリップに生きる楽しみを与えた。じゃあ、ドリスは何をもらった? お金? いいえ、フィリップの笑顔だ。ドリスは、フィリップが笑っているだけで、それだけで自身も楽しかったに違いない。
 今まで、家族にも心を許さず、ただ孤独に過ごすだけだった日々。ドリスもまた、フィリップから生きる楽しみを教わったんだろう。そして、「仕事」を経験することで、今まで邪険にするだけだった母親の気持ちも理解できたのでしょう。
 二人は、まさしく「人」。支えあって、お互いに足りないものを与え合って。まさに「親友」と呼べるものだったに違いない。

 だから、フィリップはドリスが去ってから、孤独感から生きることに投げやりになった。彼にとってドリスは、それだけ大きな存在だった。
 そこに颯爽と駆けつけるドリス……、ここから続くシーンが、一番好きだった。

 障害のない私には、フィリップの苦しみは理解することができないし、生活に苦しむほどの貧しさも味わったことない私には、ドリスの苦しみも理解できない。当然、二人が感じていた孤独も理解することができない。
 やっぱり、どうしても偏見(同情的な意味で)を持ってしまうことは否定できない。
 だけど、二人が語る言葉一つ一つに感じるものがあった。「生きる」ということから逃げないで、やってこうぜ。真正面からぶつかっていこうぜ。そんなメッセージを受け取った。

 うむむ、ちょっと脱線しすぎて、何を言いたいのか分からなくなっていますね……。
 要するに「正面から、対等に向き合える相手がいてこそ、人生は面白い」。そう私は受け取りました。

 これ以上書くと、またとりとめがなくなりそうなので、これで感想を終了とします。

2013-10-27 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ