ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム封印の剣 総評

 ファイアーエムブレムシリーズ初の携帯機での発売ということでしたが、十分に長いストーリーとしっかりとしたシステムのおかげで、今やっても普通に楽しめる名作だと思います。
 まだまだ不得手だったのか、色々と調整不足かな? と感じる部分もあり、完成度という点では、やっぱり後続の烈火や聖魔に劣りますが、堅実なつくりで、ストレスを感じることなくプレイしていて楽しかったです。
 今は最新作の覚醒や、DSでのリメイクもでていますし、そちらをプレイしても良いとは思いますが、GBA三作はそれらに埋もれない輝きを持っていると思います。
 支援会話が実装されたのも封印の剣です。

 今やってもストレスなくプレイできる名作。まだまだ発展途上な部分はあれど、十分面白い。
 個人的には程よい難易度だった。けれど、昔やったときは事前情報なしで進めたので、真エンドを迎えられなかった記憶がある。

 (好きな)キャラクターが多くて、あっちを使い、こっちを使い、と何週もしてしまうほど。
 登場するキャラクターではラストボスが一番好きで、同時にシナリオも好み。

 やりごたえがありながらも、携帯機なので、ちまちまプレイできるのも良い。


 以下ネタバレ含む感想。

 さて、封印の剣ですが、まずなによりも魅力的なシステムは「支援会話」ですね。以降受け継がれていくこのシステムは、能力値を強化するという戦略上重要な要素になりますが、まずペアによるキャラ同士の掛け合いが面白いのが魅力。
 ファイアーエムブレムでは、様々な大勢のユニットが味方になりますが、支援会話によって彼ら一人一人のバックストーリーが垣間見えたり、人間性が分かったりして、より好きなキャラクターを使っていて楽しい、と思えるシステムです。
 男女でペアを組むと後日談で結婚していたり、会話を見ていると、ヒュー、とニヤニヤできるものも多数。

 魅力的なキャラクターがいて、好きなキャラクターを使っていけるというのは、大事な要素だと思います。キャラクターイラストと、ドット絵が良く動くのも可愛い。

 またシステムとして必要な部分は十分に完成していると思います。ヘルプもあって、画面は見やすくて分かりやすいし、テンポも良い。二週目以降は、ユニットの移動速度倍速もあってさらにさくさくです。
 またハードモードやエクストラマップなどもあって、やり応えを求める人も楽しめるでしょう。

 不満点をあげるとすれば、既定ターン以内or条件を満たしてクリアするというのがいくらかのマップで設定してあって、各所にヒントはありますが、真エンドを迎えるにはある程度の事前情報が必要というところでしょうか。
 ターン制限はノーマルではそこまで気になりませんが、ハードモードではひいひい言いながらやっていた記憶があります。

 単純な難易度としては、多分GBA三作品の中では高いほうになると思います。烈火は(ノーマルでは)闘技場を使わないでいってもそこまで苦労した記憶がありませんし。聖魔も同じく。
 だから、SRPG好きな人に勧めるには良いかもしれないけど、シミュレーション新規ユーザーには(ヘルプがあるとはいえ)難しいのではないかと思います。
 けど、そのシビアさが醍醐味。

 まあ、私も下手の横好きでやっているんですけど(苦笑)。やり応えがあって、長く遊べるという点で、十分楽しませてもらえました。

 FEらしさ、をきちんと受け継いだ名作だと思います。

2015-07-31 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ