ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム聖魔の光石 14章~15章 その5

 いよいよ聖魔も終盤となります。
 ここまでのプレイ時間はそこまででもないですが、闘技場で何度かやり直すことになったので、意外とかかっているかもしれません。
 闘技場は利用できれば楽にはなりますけど、失敗が怖くもありますね。

 以下ネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 ついに帝都へとたどり着いたエフラムたち。グラド皇帝の乱心の理由を突き止めるべく、皇帝ヴィガルドと対峙する。
 しかし、ヴィガルドは、倒れると同時に一瞬にして灰となってしまった。全ての現況は、皇子リオンだったのだ。
 一年前、崩御したヴィガルドを、リオンはグラドの聖石「ファイアーエムブレム」を利用して蘇らせようとした。しかし、その時に生まれた魔石によって、リオンは操られてしまっていた。

 真実を知ったエフラムは、リオンを止めるべく行動を開始する。
 ジャハナで帝国軍に襲われていたエイリークたちと合流し、魔石に対抗しうる力を持つと思われる聖石を、ルネス王都に戻ったエフラムたちは手に入れる。
 これで残る聖石はロストン聖教国のみ。一行は、ロストンを目指すのだった。

 終わり。

 そろそろ上級ユニットも増えてきて、一筋縄ではいかなくなってきました。
 とはいっても、こちらも闘技場で鍛えた精鋭がいるので、特に苦労もせず突破することができました。

 しかし、騎馬系ユニットが多かったため、砂漠のマップでは時間がかかってしまいましたが(砂漠マップでは、魔道師系ユニット以外の移動コストが増える)。
 ワイバーンナイトになったターナが大活躍でしたね。

 そして恒例のごとく砂漠には財宝(アイテム)が埋まっていましたが、全部とりきる前にクリアしてしまいました。
 固定ユニットと移動ユニットがいまだに見分け方がわからない……。

2015-04-20 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ